手羽先の空揚げ「世界の山ちゃん」、名古屋駅構内に初の立ち飲み店

「世界の山ちゃん」店舗。店頭ではテークアウトメニューや土産、グッズ販売も

「世界の山ちゃん」店舗。店頭ではテークアウトメニューや土産、グッズ販売も

  •  
  •  

 「幻の手羽先」をメーン商品に提供する居酒屋「世界の山ちゃん」を運営するエスワイフード(名古屋市中区新栄1)は3月23日、JR名古屋駅構内に初となる立ち飲みスタイルの店舗(中村区名駅1、TEL 052-563-1257)をオープンした。場所は太閤通り口・銀の時計近く新幹線通り奥。

  店舗面積は17.7坪で、カウンターとテーブル、女性でも利用しやすい背の低い背もたれを設け、満員時で25~30人を収容できる。新幹線や長距離バスの出発時間までの短い時間にも気軽に立ち寄れる。

[広告]

 利用客は出張や旅行客が多く、早い人で20~30分程度の利用のほか、「帰る前に食べておきたい」と「幻の手羽先」(1人前5本400円)のみオーダーする人もいるという。「着席型だとテーブルが埋まっていると利用してもらえない。立ち飲みは短い時間でもすぐに利用してもらえる。ゆっくりでも一品だけの利用でも」と堀店長。1日のうちで最も混雑する時間帯は17時~20時。

 メニューは、同店限定の鶏の手羽元を使った「情熱の手羽元」のほか、「みそ串カツ(5本)」「どて煮」(各400円)、「山ちゃん風海老ふりゃ~」「名古屋コーチン鶏天ぷら」(各500円)、「フライドポテト」「うま味噌キャベツ」(各300円)などのサイドメニュー、「キムチ茶漬け」「鶏しぐれ茶漬け」(各400円)などしめのメニューなど。「幻の手羽先」をはじめお茶漬け、ドリンク以外のメニューはすべてテークアウトできる。ドリンクメニューでは、生ビール(小300円、中500円、大700円)のほか、赤みそを使用したサワー「大名古屋サワー」(500円)も。

 名古屋名物でまとめたランチメニューも提供する。手羽先、みそ串カツ、どて煮がまとめて味わえる「名古屋ランチ」(800円)、「どてめしランチ」(750円)、「天むすランチ」(650円)など。販売は10時~14時30分。

 店頭では「手羽先あられ」(630円)、手羽先風味の「しっとりせんべい」(160円)、「てばさきいか」(210円)などの菓子類、「世界の山ちゃん」でなじみのキャラクターのピンバッジ(300円)やTシャツ(1,000円)、同店オリジナルのスタッフTシャツ(2,800円)などのグッズも販売。

 営業時間は10時~23時。会計システムは、開店~15時は現金制で対応し、15時~閉店は使用無期限の金券制を採用する。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?