プレスリリース

【関東初出店】とんこつラーメン専門店博多一舞(はかたいぶき)瑞穂店が2月8日(金)午前11時 グランドオープン

リリース発行企業:株式会社さこきち商店

情報提供:

株式会社さこきち商店(酒匂孝行社長、本社愛知県半田市)が、関東1号店としてとんこつラーメン専門店博多一舞(はかたいぶき)瑞穂店を2月8日(金)午前11時 グランドオープンにすると発表しました。


株式会社さこきち商店(酒匂孝行社長、本社半田市)が、関東1号店として東京都西多摩郡瑞穂町にとんこつラーメン専門店博多一舞(はかたいぶき)瑞穂店を2月8日(金)午前11時 グランドオープンにすると発表しました。
場所は新青梅街道沿いで、ジョイフル本田 瑞穂店近く。

使用する特注麺の監修製造は、第4回ワールドラーメングランプリで優勝した大重食堂(福岡県)の大重洋平シェフが作った「純ラーメン七節」に麺の提供を行った博多製麺処(はかたせいめんしょ)。
博多製麺処が得意とするのは、福岡県産ラーメン専用小麦ラー麦を100%した麺。
一般的に麺は、コスト面と麺づくりの難しさから、外国産小麦を利用する製麺所やラーメン店が多い中、あえてコストの高い国産小麦のみにこだわるのは、一杯のラーメンを通じて日本の農業の活性化と、遺伝子組み換えや残留農薬の心配がない食材で安心して食べてもらいたいという思いから。
さらに、替玉は1玉で50円で提供。
一般的に とんこつラーメン=ギトギトで獣臭がするという既成概念をくつがえすあっさり系のスープをベースとし、こってり焦がしニンニクの黒とんこつと辛さの指定ができるスパイシーな赤とんこつの3種類が選べる。
店内仕込みのチャーシューは程よいボリューム感でスープによく合う。
おすすめは、W一舞盛(ダブルいぶきもり)ラーメンはチャーシュー3枚と煮卵1玉で食べ応えもあり、チャーシューの旨味がスープに溶け込む変化も楽しめる。
にんにく不使用の博多一口餃子はランチでも安心して食べられます。
卓上には博多名物の辛子高菜や紅生姜、すりおろしにんにくの他、お酢も準備されており充実しています。
店内はカウンター、テーブルの他、お座敷もあるので小さなお子さま連れにもおすすめです。
W一舞盛ラーメン 800円 あっさりしたベーススープに秘伝のタレに漬け込んだ自家製チャーシューの旨味が溶け込んでいく変化が楽しめる。
白とんこつラーメン白 650円
赤とんこつラーメン 700円
黒とんこつラーメン 700円
店舗外観
テーブル席
カウンター席
メニュー



博多一舞瑞穂店(はかたいぶきみずほてん)
東京都西多摩郡瑞穂町殿ヶ谷824-18
042-513-9828
不定休
平日 
11:00 ~ 15:00 (最終入店 14:30)
17:30 ~ 22:00 (最終入店 21:30)
土日祝日
11:00 ~ 22:00 (最終入店 21:30)

カウンター席 、テーブル席 、お座敷
専用駐車場 24台 

JR八高線 箱根ヶ崎駅より 徒歩15分
立川バス・都営バス 殿ヶ谷バス停より 徒歩5分

第4回ワールドラーメングランプリ
http://www.wrgp.jp/

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?