食べる

少年・イチロー選手が食べていた「鈴木家のカレー」、レトルト商品に-両親監修

父・宣之さんのイラストが印象的な「鈴木家のチチローカレー」のパッケージ

父・宣之さんのイラストが印象的な「鈴木家のチチローカレー」のパッケージ

  •  
  •  

 名鉄インプレス(名古屋市中村区名駅4)が、米大リーグで活躍するイチロー選手が少年時代に食べていたカレーの味を再現した家庭用レトルト「鈴木家のチチローカレー」を発売して1カ月が過ぎた。発売は父の日の6月19日。

 同カレーは、もともと同社が運営するアミューズメント施設・日本モンキーパーク(犬山市)内のレストランで期間限定メニューとして提供していたもの。カレー好きで知られるイチロー選手。「イチロー選手に憧れる子どもたちに、イチロー選手が少年時代に食べていたカレーを提供できたら」という思いから企画した。

[広告]

 イチロー選手の父・宣之さん、母・淑江さんが監修したカレーは、国産の牛すき焼き肉用肩ロース肉と豚肩ロースの2種類の肉を使い、淑江さんこだわりのかくし味として細かく刻み炒めたニンニク、インスタントコーヒー、ウスターソース、しょうゆを加えるなど「鈴木家」の味を忠実に再現。「ピリッと辛い濃厚なカレー」に仕上げ、期間中多くの来園者に好評を得たという。

 今回のレトルト化は、「家庭でも同じ味を味わいたい、土産に持って帰りたいなど、多くのお客さまの声を受けて実現した」と同社広報担当者。「少年時代のイチロー選手をイメージしながら食べていただけたら」とも。

 内容量は210グラムで、価格は600円。名古屋駅付近では、名鉄百貨店本店メンズ館地下1階フレッシュ・ステーションで取り扱っている。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?