3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

「ひよこプリン ぴよりん」にカボチャプリンのハロウィーンバージョン

出番を待つハロウィーンバージョンの「ぴよりん」。下はノーマル「ぴよりん」

出番を待つハロウィーンバージョンの「ぴよりん」。下はノーマル「ぴよりん」

  • 0

  •  

 ジェイアール東海フードサービス(名古屋市中村区名駅南1)は10月21日、ヒヨコをモチーフにしたプリン「ぴよりん」のハロウィーンバージョンの販売を期間限定で始めた。

ハロウィーンバージョンの「ぴよりん」を大きく見る

 7月1日に販売を開始した同社の新商品「名古屋コーチンのひよこプリン ぴよりん」(300円)。名古屋コーチンの卵を使ったプリンをムースでコーティングし、粉末状のスポンジをちりばめた本体に、チョコレートの目やくちばしを飾り、ひよこの姿に仕上げたスイーツ。イートインのほか、手土産に買い求める男性客の需要も高く、見た目の愛らしさからショーケースに並ぶ姿を写真に収める人も多いという。

[広告]

 ハロウィーンバージョンの「ぴよりん」は、カボチャのプリンをカボチャのムースで包んだ。粉末状のスポンジはカボチャの色が透けて見え、ノーマルの「ぴよりん」に比べると少しオレンジがかった「ぴよりん」に仕上がっている。チョコレートの帽子と羽を付け、ハロウィーンのカボチャモチーフのチョコレートの飾りを添え演出する。発売2日目の22日は、ハロウィーンバージョンとノーマルの「ぴよりん」を2店舗合わせて358個を売り上げた。

 価格は350円。名古屋駅の名古屋中央通り「カフェ ジャンシアーヌ JR名古屋駅店」(TEL 052-533-6001、7時~22時)、名古屋新幹線通り「カフェ ジャンシアーヌ レジェ」(TEL 052-533-9750、7時~21時)で販売。イートイン、テークアウトの両方に対応する。販売は10月31日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?