名駅地区に新業態のメードカフェ-コンセプトは「邸宅風」

「カフェイマージュ」内観

「カフェイマージュ」内観

  •  
  •  

 名駅西に10月27日、メードカフェ「カフェイマージュ名駅編」(名古屋市中村区椿町6、TEL 052-459-0909)がオープンする。

 店舗面積は30坪、席数は18席。コンセプトは「純邸宅風メードカフェ」で、内装はベージュ色で統一し壁面をレンガ調にしたり、「ヴィーナスの誕生」などルネッサンス絵画のレプリカを飾るなど、ヨーロッパの邸宅や古城をイメージ。メードカフェ初心者にも受け入れやすいよう全体に高級感を持たせ、椅子はソファを採用、照明の明るさにもこだわったという。ターゲットは20代~40代の男性が中心だが、同店担当者は、「他のメード喫茶と差別化を図るため『高級感』にこだわり、ビジネスマンのほか、OLなどの女性客需要も見込んで名駅地区へ出店した」という。

[広告]

 メードは19歳~20代前半の約30人が所属しており、常時3~4人が対応。紺色をベースに白いエプロンやリボンでアクセントを付けたコスチュームを採用した。メニューは、フリードリンク制(ソフトドリンクのみ)を導入するほか、アルコールも取り扱う。フードメニューは全て手作りで「小倉サンド」「ベリーパフェ」「和風明太子パスタ」「茄子とミートソースのホットサンド」などを提供する予定(価格は未定)。

 価格は、フリードリンク45分(11時~19時)=1,280円、19時~24時=1,480円ほか(女性、学生、メンバー価格は異なる)。また、希望者にはオプションとしてコイン(1枚300円)を購入して「トランプ」「ボードゲーム」(コイン3枚で10分程度)など月替わりでメードと遊べるサービスを行うほか、「ハンドマッサージ」(コイン2枚で10分程度)や、お気に入りのメードと一緒に撮影できる「ポラロイド撮影(メッセージ付き)」(コイン5枚)も提供する。

 同店担当者は、「メードカフェファンだけでなく、メードカフェ初心者のビジネスマンや女性客も邸宅の主人になった気分でくつろげるような空間を目指したい。『都会のオアシス』のような感覚で仕事帰りなどに気軽に立ち寄ってほしい」と話している。営業時間は11時~24時。不定休。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?