食べる

名駅西に「喫茶モーニング」 一日中モーニング提供、地域活性化と交流拠点目指す

ドリンク(500円~)注文でトースト・サラダ・ゆで卵・ヨーグルトが付く「1日中モーニングサービス」

ドリンク(500円~)注文でトースト・サラダ・ゆで卵・ヨーグルトが付く「1日中モーニングサービス」

  •  
  •  

 一日中モーニングを提供し、人と文化の交流拠点になることを目指す喫茶店「喫茶モーニング」(TEL 052-451-2800、名古屋市中村区則武2)が5月1日、名古屋駅西側にある駅西銀座商店街沿いにオープンした。

チキンカレー・サラダ・ゆで卵・ヨーグルトが付く「チキンカレーセット」

 名古屋市商店街商業機能再生モデル事業のワークショップで話し合ったアイデアに基づき企画したのが、空き店舗を再生し地域活性化を目的にする同店。ガラス窓や木製の手すりなど古き良き姿を一部残した店内には、地元企業のカリモク家具(知多郡)のチェアを置く。子ども連れの来店客も想定し、キッズ用の椅子やおままごとキッチンセット、絵本なども置く。2階建てで、席数は1階=10席、2階=28席。

[広告]

 運営は、海外旅行や国際交流が好きな若者に向けた英会話スクール「グローカル英会話」(名駅3)や、ゲストハウスを併設したカフェ「グローカルカフェ」(則武1)のオーナーで、世界80カ国を旅した経験を持つ市野将行さん。

 オープン初日から近隣住民、友人、知人、応援者などたくさんの人が来店。店長の服部加奈子さんは「ありがたいことに朝からたくさんの方に来ていただき驚き、うれしく思っている。国内外の観光客、地元の人、名古屋の人などが集まって情報交換、発信できる場になれば」と話す。

 ドリンクは、ブレンドコーヒー(お代わり1杯無料、500円)、水出しコーヒー、紅茶、ルイボスティー、ミルク、オレンジジュース(以上、各500円)、本日のスペシャリティーコーヒー(600円~)、コーラ、ジンジャーエール、ココア(以上、各600円)など。コーヒーチケット(11枚つづり、5,000円)も用意。

 「1日中モーニングサービス」はドリンク(500円~)注文で、無料でトースト・サラダ・ゆで卵・ヨーグルトを提供するサービス。モーニングサービス無しでも注文可能で、その場合は同店のロゴマークのデザインのクッキーが付く。

 そのほか、トーストがあんとバターの小倉トーストに変えられる「小倉トーストセット」、ジャムが付く「ジャムトーストセット」、トーストの代わりにサンドイッチが付く「サンドイッチセット」(以上、ドリンク代に100円増し)、トーストの代わりにチキンカレーが付く「チキンカレーセット」、ケーキとコーヒーゼリーが付く「ケーキセット」(以上、ドリンク代に200円増し)。トースト、ゆで卵、サラダ、サンドイッチ、カレーなど全て追加や大盛りに追加料金で対応する。小学生以下の利用客には店内飲食メニューに限り、全て50円引きで提供し、クッキーを付ける。テークアウト限定でクッキーを添えたソフトクリーム(400円)も販売。

 店頭に置いたコーヒーの焙煎(ばいせん)機では、約10種類の中から生豆を選びその場でロースト(所要時間は約10分)したものを購入できるメニューも。店内に用意したスタンプなどで外袋に自由にデザインし、オリジナルのコーヒーを作れる。価格は800円~。市野さんは「自分へのお土産や誰かへのプレゼントにしても良い」と話す。そのほか、長者町の「ミッツコーヒースタンド」、市役所近くの「Q.O.L COFFEE」、円頓寺の「喫茶ニューポピー」など、市野さんのつながりのある他店のブレンドコーヒー豆の販売も行う。

 営業時間は8時~17時。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?