食べる

名古屋タカシマヤでトマトイベント「トマト プラス」 総菜やスイーツ、「蛇口から青汁」も

「トマト プラス」限定のトマトを使った総菜やスイーツ

「トマト プラス」限定のトマトを使った総菜やスイーツ

  •  
  •  

 トマトを使ったオリジナル総菜やスイーツの販売などを行うイベント「トマト プラス」が5月8日、ジェイアール名古屋タカシマヤ(名古屋市中村区名駅1)で始まった。2016年から始まったカゴメと同店のコラボ企画。4回目となる今回で最終回になる。

無料試飲できる「蛇口から青汁」

 「トマトを中心にした野菜の魅力を提案する」商品全80点を、地下1・2階の食料品売り場、1階北ブロックのデリシャスコート、5・8階の喫茶店で期間限定販売する。過去最大の品数だという。

[広告]

 愛知県東海市が創業の地である「カゴメ」の寺田直行社長は「野菜不足の改善と、ブランドとコラボした、おいしく楽しいおかずやスイーツでトマトの新しい魅力を提案する。ほかのエリアからも注目を集めている」と話す。ジェイアール東海高島屋の山田正男社長は「売り場としても人気企画で、ブランドの方からイ『トマトを食材にして開発したい』という声が挙がるほど積極的に参加いただいている。斬新な商品ができ、提案の幅が広がったう」と話す。

 数や種類を充実させたというトマトを使ったスイーツは、昨年に比べ約3倍に増やした。トマトのムースケーキ(シェ・シバタ、594円、各日12個限定)、トマトのポップコーン(ギャレット ポップコーン ショップス、Sサイズ=500円、クォート缶=1,500円)、トマトの餅(両口屋是清、12個入り864円)、トマトのういろう(虎屋ういろ、601円)、トマトの大福(納屋橋饅頭万松庵、270円、2種類各15個限定)、トマトの水ようかん(菓匠 花桔梗、432円)、トマトとドライトマトのようかん(美濃忠、1,296円)、トマトとチーズのクッキー(デメル、10枚入1,080円、300箱限定)、トマトえびせんべい(桂新堂、540円)など。

 そのほか、トマト生地の豚バラまん(パオパオ、297円、各日50個限定)、トマトポン酢ジュレのサラダ(柿安ダイニング、100グラム当たり=378円)、イタリアンいなり(豆狸、5個入り486円、各日10折限定)、トマトのおこわ(おこわ米八、1人前・200グラム=594円)、トマトとほうれん草のパン(シニフィアン シニフィエ、756円)など。

 地下1階の特設コーナー「カゴメ限定ショップ」では、トマトジュースや4月2日に発売したカゴメの新商品の青汁ドリンク「AOJIL CLEAR」が出る蛇口を設置し、無料試飲を行う。実施時間は11時~13時、15時~17時。カゴメのスムージードリンク「GREENS」と野菜ジュース「野菜生活」を使った「GREENS エスプーマースムージー」(481円)が全国初登場し、イベント限定販売する。

 営業時間は10時~20時。今月21日まで。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?