生徒300人感動-名古屋出身ロックバンドが母校卒業式で凱旋ライブ

卒業生へのサプライズ企画として愛知県立松蔭高等学校で開催された「the ARROWS」母校凱旋ライブの様子

卒業生へのサプライズ企画として愛知県立松蔭高等学校で開催された「the ARROWS」母校凱旋ライブの様子

  •  
  •  

 愛知県立松蔭高等学校(名古屋市中村区烏森町2)武道館で2月29日、同校卒業生に向けたライブイベント「the ARROWS(ジ・アロウズ) 卒業の日~さよなら ミュージック~」が行われた。

 同企画は、今年の卒業生に向けて在校生から贈るサプライズ企画。ロックバンド「the ARROWS」の坂井竜二さん(ボーカル)、坂井“CANDY”昌英さん(ベース)、山内貴之さん(ギター)、岩原俊司さん(ギター)らメンバー全員が同校の卒業生だったことから企画が持ち上がり、メンバーからの「卒業式の日に母校で歌いたい」という強い希望もあり、卒業式当日のライブが実現した。同バンドのメンバーは、1996年の卒業生で在校時代より学園祭でライブを披露していたが、今回は約12年ぶりでの母校凱旋ライブとなった。

[広告]

 当日卒業式後に行われたイベントには、卒業生・在校生ら約300人が会場に集まった。メンバーが登場すると、会場からは大きな歓声と拍手が鳴り響き、メンバーそれぞれが「卒業おめでとうございます」とあいさつした。ライブ前のトークでは、学校でメンバーが出会いバンドを始めたエピソードや、ボーカルの坂井さんの失恋話なども披露、ベースのCANDYさんの呼びかけで、「CANDYさんに似ている」という卒業生の男子生徒が舞台に上がるハプニングも。

 ライブでは、セカンドアルバムにも収録されているシングル曲「マストピープル」など3曲を披露し、会場は大いに盛り上がった。最後に、「卒業生に贈る曲」として披露された大ヒット曲「さよならミュージック」が始まると、会場は一転静まり返り、歌に聴きほれる生徒の姿も多く見られた。ライブ終了後は、メンバーと生徒全員で記念撮影を行い、メンバーは個別に生徒らと話したり写真撮影に応じるなど、交流を楽しんでいた。

 参加した生徒らは「歌を聴いて元気をもらった」「最後の曲に感動した」「自分もバンドをやっているので憧れた」「最後の曲の歌詞を詳しく知りたくなった」など、サプライズ企画に満足した様子。ライブを終えた「The ARROWS」ボーカルの坂井さんは、「『さよならミュージック』は恋愛の歌だが、大切な人との別れの曲として、母校の卒業生に贈りたかった。歌っている途中に当時のことがよみがえり、とても良い時間を過ごせた」と話しており、メンバー全員が「今日のライブをきっかけに、卒業生の中からミュージシャンを目指す人が増えたら」と思いながら演奏していたという。メンバーにとっても卒業生にとっても、思い出深い1日となった。

母校で卒業生らと記念撮影する「the ARROWS」のメンバー(名駅経済新聞)名古屋出身のバンド「the ARROWS」、着うたチャートで初登場1位に(サカエ経済新聞)the ARROWS

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?