クリスピー・クリーム・ドーナツ、名古屋タカシマヤに開店-900人以上の行列

千人を超える行列を作った「クリスピー・クリーム・ドーナツ」。できたてのサイン「ホットライト」が赤く光る

千人を超える行列を作った「クリスピー・クリーム・ドーナツ」。できたてのサイン「ホットライト」が赤く光る

  •  
  •  

 ジェイアール名古屋タカシマヤ(名古屋市中村区名駅1)に3月17日、東海地区1号店となる「クリスピー・クリーム・ドーナツ」がオープンした。場所は同館1階の北ブロック「ビシェス オペーク」横。

 当日9時30分には900人以上が200メートル以上の行列を作り、開店を待ちわびていた。9時45分に開店時間を15分繰り上げオープン。1番目に「クリスピー・クリーム・ドーナツ」を手にしたのは、コンコースが開く朝5時から並んだ3人連れの利用客。10時前には行列に並ぶ人は約千人にのぼり、最後尾の待ち時間は約9時間に。完売の可能性がある上で利用客は列を延ばし、最後尾に並んでいた女性2人は「どんなものか、ダメモトで並んでみた」と半分期待を寄せていた。

[広告]

 店内には20席のイートインコーナーを設けるほか、「ドーナツシアター」と呼ばれるドーナツ製造マシンを設置。ドーナツができる工程をガラス越しに見ることができ、利用客や通行人の目を楽しませる。そのほか、メーン商品「オリジナル・グレーズド」が製造中であることを伝えるサイン「ホットライト」も設け、出来立てを提供できることを知らせる。

 主な商品は、メーン商品の「オリジナル・グレーズド」(160円)をはじめ、「チョコレート グレーズド」「スイート ピンク ストロベリー」「オールドファッション チョコレート」「キャラメル ウォールナッツ」などのほか、春夏の新商品として「ソイミルク ケーキ」「レアチーズ ケーキ」「ピュア バナナ」「コーヒー ビーンズ」(各180円)も現在販売している。

 ドリンクメニューは、2種類のドリップコーヒー「クリスピー・クリーム コーヒー スムース」「クリスピー・クリーム コーヒー リッチ」(S=280円、T=330円、G=380円)や、ミルク(ホット・アイス、S=300円、T=350円、G=400円)、「スプレッソ スムージー」「マンゴー スムージー」「ストロベリー スムージー」(各S=390円、T=440円、G=490円)など。

 店内では、「クリスピー・クリーム ヘリテージ マグ」(900円)、「ミニタオル入り オリジナルポーチ」(1,500円)などのグッズも販売する。

 同店限定商品の「NAGOYAドーナツ」を販売。「オリジナル・グレーズド」にチョコレートをアイシングし、その上にピンク色のキャンディースプリンクル(パリパリとした砂糖菓子)と、同館イメージのパラをモチーフにしたチョコレート菓子がのる。同商品は「名古屋限定 ダズンボックス」(12個入り、1,800円)のみの販売で、単品の販売は行わない。1日400~500箱の数量限定で、販売は今月31日まで。「華やかさで品のある名古屋の女性をイメージした。限定商品を作るのは過去にはあったが今回久しぶり」とクリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン(東京都渋谷区)の上田谷真一社長。「東海地区はスイーツに対しても興味が高いので期待している。新しいものにどん欲なエリアなので市場が楽しみ」とも。

 営業時間は10時~21時。

SmartNews Awards 2019

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?