買う

円頓寺商店街で「一箱古本市」-「読み歩きウォークラリー」などの企画も

「一箱古本市 in円頓寺商店街」のチラシ

「一箱古本市 in円頓寺商店街」のチラシ

  •  

 円頓寺商店街(名古屋市西区)で4月21日、古本を箱に詰めて販売するフリーマーケット形式の古本市「一箱古本市 in円頓寺商店街」が開催される。

昨年の「一箱古本市」の様子

 主催は、本をテーマにしたイベント「BOOKMARK NAGOYA(ブックマークナゴヤ)」を開催する同実行委員会。毎年春に開催する「ブックマークナゴヤ」の一環で開催してきた「一箱古本市」だが、今年は単独での開催。円頓寺商店街での開催は4回目となる。

[広告]

 一箱古本市は、商店街などの軒先を借り、一般から募った「本好き」が出店。もともと東京の不忍ブックストリートで始まったイベントで、最近では全国のさまざまな場所で開催されている。古本を安価で購入できるだけでなく、出店者とコミュニケーションを取りながら古本を選べるのも特徴。

 今回の出店者は約60組で、出店箱数は100箱を超える。小説などの文芸書だけでなく、写真集やデザイン集などのアート系、料理本や旅行本など、出店者によって販売する古本のジャンルはさまざま。今回は一般の出店者だけでなく、「シマウマ書房」(千種区四谷通1)や「ON READING」(千種区東山通5)、「cesta」(千種区末盛通1)などの古書店も出店。「プロの古本屋による出張販売コーナー」を設ける。

 本にちなんだ企画も同時に開催。「広小路尚祈『読み歩き』ウォークラリー」では、岡崎市在住の作家、広小路尚祈さんがデビュー前に執筆した未刊行の短編小説「福耳ひろし」を、商店街内に数ページずつ貼り出し限定公開する。商店街を歩きながらストーリーを読み進める「商店街を一冊の本に見立てた企画」(実行委員長の岩上さん)だという。そのほか、トークイベントやブックカバーを作るワークショップなども開催。

 「一箱古本市は本と街が一体となるイベント。古本を選んだり出店者とコミュニケーションを取ったりしながら、街歩きも楽しんでほしい」と岩上さん。「普段、本は屋内で、一人で読むことが多い。屋外で多くの人と話しながら、普段とは少し違う本の触れ合い方をしてほしい」とも。

 開催時間は11時~17時。出店者や企画の詳細はブックマークナゴヤのホームページで確認できる。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?