天気予報

29

18

みん経トピックス

ビヨンセ着用ドレスを展示

名駅のシンボル「ナナちゃん」がいなくなった?来春再登場

  • 0
名駅のシンボル「ナナちゃん」がいなくなった?来春再登場

「ヤング館(旧セブン館)」前。「ナナちゃん」が設置されていた台座跡

 10月5日深夜、名鉄百貨店(中村区名駅1)ヤング館(旧セブン館)前の巨大マネキン人形「ナナちゃん」の撤去作業が行われた。

 「ナナちゃん」は、1973年「セブン館」1周年を記念して設置されたマネキン人形で、「セブン館」にちなみ「ナナちゃん」という名前になった。身長6メートル10センチ、体重600キロ。スイス製で「中日ドラゴンズ優勝セール」の際はユニフォーム姿に、毎年夏には水着姿になるなど同店の広告塔として活躍したほか、名駅の待ち合わせ場所としても親しまれてきた。

 撤去の理由は、今年9月~来年3月にかけて行っている同店リニューアルに合わせ、名鉄バスターミナルの補修や野外通路の整備のため一時的に撤去したという。設置以来、撤去されたのは初めて。「ナナちゃん」は、汚れや老朽化のため補修作業中だが、現在のところ新品に取り替えたり名称変更などの予定はないという。

 6日の朝「ヤング館」(旧セブン館)前では、通行人が「あ!『ナナちゃん』がいない」と話す姿も見られ、同場所で友人と待ち合わせをしていた女性は「待ち合わせは『ナナちゃん』前で、が合い言葉になっていたので、いなくなって寂しい」と話していた。

 「ナナちゃん」は来年3月名鉄百貨店のグランドオープンに合わせて再登場し、現存位置よりやや北側に設置される予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「鐵板堂『コメダ謹製 やわらかシロコッペ』」で販売する「小倉マーガリン」「ポークたまご」など具材をサンドした「やわらかシロコッペ」(商品イメージ)
[拡大写真]

アクセスランキング