食べる

名鉄百貨店「屋上ビアガーデン」営業開始 月替わり特集メニューで目新しさを

名駅ビル群の夜景を楽しめるビアガーデン

名駅ビル群の夜景を楽しめるビアガーデン

  •  

 名鉄百貨店本店(名古屋市中村区名駅1)が4月20日、本館屋上で「屋上ビアガーデン」の営業を始めた。

エビフライ、鉄板ナポリタンなどの名鉄沿線グルメ

 毎年恒例の同企画は、時間制限の無いバイキング形式の食べ放題、飲み放題が特徴。席数は668席で、屋外=500席、屋内=168席(雨天時は屋内席のみ)。開催期間は172日間。

[広告]

 今年は月替わりで特集するメニューを用意し、「目新しさ」を演出する。4月・5月はショウロンポー、翡翠(ひすい)蒸しギョーザ、大シューマイ、ミニ肉まん、ミニ春巻きなどの「点心」、6月はバターしょうゆやコンソメ、のり塩などフレーバーを楽しめる「唐揚げ」とチーズ入りなどの「ポテト」、7月はエビ海鮮ギョーザ、ピリ辛一口ギョーザ、アボカドチーズギョーザなどの「ギョーザ」、8月は夏休みに合わせ子どもも楽しめるようにポップコーン、かき氷、フルーツなどを集めた「デザート」、9月はバジルソーセージ、チョリソー、ハム、グリルチキンなどの「肉」。

 2016年に始めて以来、人気が高いという「名鉄沿線グルメ」も提供。名古屋鉄道の主要駅のあるエリアにちなんだ料理を集めた企画で、手羽先、エビフライ、八丁みそ串かつ、鶏ちゃん焼き、鉄板ナポリタン、たこ飯、豊川いなりずし、小倉トーストなど。そのほか、定番のつまみメニュー、サラダ、自分でトッピングや味付けができるタコスやビビンバ、シュークリームや杏仁(あんにん)豆腐などデザートも提供。フードは全70種類で会場には常時50種類が並ぶ。

 ドリンクは、「キリン一番搾り」「キリンラガー」などのほか、今年は「ハイネケン」を飲み放題メニューに加えた。そのほか、ハイボール(3種類)、カクテル(18種類)、ソフトドリンクなど、全約80種類を用意。新企画としてクラフトビールをカップ1杯(約220ミリリットル)200円で販売。「常陸野ネストホワイトエール」(4月・5月)や「ブルックリンラガー」(7月)など全12種類を用意し、そのうち4種類を月替わりで提供する。

 営業時間は16時~22時(飲食の提供は終了30分前まで)。5月6日までは、11時~14時、16時~22時の2部制で営業する。料金は大人=4,100円、小人(5~12歳)=1,500円。5月6日まではオープニング期間価格として同=3,000円、同=1,000円。10月8日まで。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?