暮らす・働く

グローバルゲートにコワーキング拠点「WeWork」 名古屋初、400デスク配置

「WeWork」が出店を予定するグローバルゲートの外観

「WeWork」が出店を予定するグローバルゲートの外観

  •  
  •  

 米ニューヨーク発のコミュニティー型シェアオフィス「WeWork」が2019年5月、ささしま地区の複合ビル「グローバルゲート」(名古屋市中村区平池町4)にオープンする。名古屋初出店。

東京の拠点の様子

 「WeWork」は1月時点で、全世界27カ国の100都市、425拠点で40万人以上のメンバーが利用している。国内において名古屋への拠点拡大は東京、横浜、大阪、福岡に次ぐ、5つ目の都市。3月には福岡2拠点目になる、「WeWork Gate’s Fukuoka(WeWork ゲイツ福岡)」を中洲エリアにオープン。東京では12月に国内最大規模の拠点となる「WeWork Shibuya Scramble Square(WeWork 渋谷スクランブルスクエア)」をオープン予定。東京では今後、神保町、半蔵門、新宿南口にも開設予定。

[広告]

 ほかのコワーキング施設にないようなサービスが特徴。各拠点にコミュニティーチームを置き、利用者同士の交流促進をサポートする。専用アプリを介して、ほか拠点の利用者ともつながれる。拠点をグローバルに展開しているため、ネットワークもグローバル。質問を投げ、フィードバックをもらったり、ワークショップや講習などのイベントを開いたりしている。

 利用するチームや会社の人数規模や目的や考え、希望の環境などに合わせスペースを選ぶこともできる。料金には高速インターネットや業務用プリンター、毎日の清掃、マイクロ焙煎(ばいせん)コーヒーやクラフト生ビール、フルーツウオーターなど、さまざまなサービスが含まれる。

 名古屋は、グローバルゲートオフィス棟の11階全面を使いし、1フロアに約400のデスクを配置する。利用料金は未定。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?