見る・遊ぶ

ささしまの商業施設に半屋外のフットサル場 大会や個人、親子参加のメニューも

「ゼットフットサルスポルト名古屋駅前店」のフットサルコートの様子。奥には名駅のビル群が望める

「ゼットフットサルスポルト名古屋駅前店」のフットサルコートの様子。奥には名駅のビル群が望める

  •  
  •  

 屋根付き半屋外のフットサル場「ゼットフットサルスポルト名古屋駅前店」(TEL 052-433-7718)が11月16日、ささしまライブの商業施設「マーケットスクエアささしま」(名古屋市中村区平池町4)5階にオープンした。

やわらかいロングパイルの人工芝と無害だというカラーチップを採用

 フットサルのほか、イベントや撮影など多目的に対応する。千葉に2カ所、埼玉と大阪に1店舗ずつ展開し、名古屋で5店舗目。

[広告]

 コートは2面で、1面あたり18×38メートル。屋根付きの半屋外で、名古屋駅のビル群が望める。以前も人工芝を張った施設だったが、同施設オープンに際して、全面張り替えした。やわらかい手触りのロングパイル人工芝で、タイヤ廃材でない樹脂でできた無害のカラーチップを使う。同店店長の武井正志さんは「駅からも近く立地が良く、来るのにも帰るのにも便利。半屋外なので開放感がある」と話す。

 コートのレンタルのほか、参加チームを募って行う大会開催や個人、親子でフットサルを楽しめるメニューを用意する。

 コート(1面使用)の1時間当たりのレンタルは、平日昼(13時~18時)=メンバー8,000円、ビジター1万1,000円、平日夜(18時~24時)=メンバー1万2,000円、ビジター1万5,000円、土曜・日曜・祝日(8時~24時)=メンバー1万3,000円、ビジター1万6,000円(価格は全て税別)。

 大人の個人参加型で、その日集まった参加者でチーム分けし試合を楽しむことができるプログラムは、経験があり上手な人の参加に向けた「オープン」、女性や初心者が安心して参加できる「エンジョイ」、強いシュートや強い身体のぶつかり合いを禁止し「ゆるく、楽しく」がコンセプトの「ゆる個サル」の3カテゴリーを用意する。参加人数の状況はホームページで確認できる。「フットサルをやりたいけど仲間が近くにいない」などの大人の個人参加の需要が多いという。

 親子参加のメニューはその日集まった参加親子でチーム分けをして試合をする「おやこサル」と、サッカー教室のように学べる「クリニック」を実施。「親は見ているだけだと子どものプレーに口を出しがちだが、親子で一緒にプレーすることで難しさや楽しさを共有できる。実際にやってみることで子どもすごいところや成長を感じるなど、親子の交流ができる。初心者でも大丈夫」と言う。プログラムの種類や参加料金などはホームページで確認できる。

 男女別更衣室、シャワールーム(男性用4室、女性用2室)、観覧スペース、ナイター照明、コート内音響を設置。基本セットはボール2個、ビブス1セット(5枚)、空気入れ、タイマーを用意。ドライヤーやタオルはレンタル無料。シューズやゴールキーパーグローブなど有料レンタル品も用意する。コートに隣接しガラス張りでコートを見渡せるフローリングの屋内観覧スペースも備え、レンタルスペースとしても提供予定。

 営業時間は13時~24時(土曜・日曜・祝日は8時~、23時以降に予約がない日は23時閉店)。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?