3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

「芸どころ名古屋」テーマの本発売 古代から現代まで名古屋の文化や芸能たどる

書籍「芸処名古屋」の表紙。狂言面の画像部分はキリトリ線に沿って切り取るとしおりとして使える

書籍「芸処名古屋」の表紙。狂言面の画像部分はキリトリ線に沿って切り取るとしおりとして使える

  •  
  •  

 古代から近現代においての名古屋の文化や芸能をテーマにした書籍「芸処(どころ)名古屋」が5月24日、発売された。

色鮮やかな徳川宗春着用の火事装束を掲載した「芸処名古屋」ページ

 「芸どころ名古屋」のルーツを探ると見えてくる熱田神宮の門前町として栄えた古代~中世の熱田をはじめ、芸どころとして大きく花開いた近世、大都市に発展した近現代の名古屋において、事実や研究者による史実をベースに、名古屋とのゆかりや芸の特徴を解説。神楽や雅楽、踊りや狂言などの芸事、祭り、茶文化、和菓子、習い事、フィギュアスケート、バイオリン、醸造文化など、登場するモチーフやキーワードは幅広い。

[広告]

 編集・制作担当者によると「名古屋には芸どころをはじめとした魅力的なモノ・ストーリーが豊富にあるにもかかわらず、知られていない、生かされていないのが現状。フィギュアスケート王国であることや喫茶店好きといった今も続く文化は、古代から続く芸処の風土もあって受け継がれていると思う」と話す。

 発行・原案は名古屋市。名古屋に関する著書も数多く持つ、南山大学名誉教授・東海学園大学客員教授の安田文吉さんが監修する。

 「感覚に訴える本、手に取りやすい本、持ち続けたくなる本を目指した」(編集・制作担当者)といい、文字ばかりにならないよう、絵巻や図絵の画像、写真などを多数掲載するほか、尾張藩士で御畳奉行を務めた朝日文左衛門をキャラクター化し、案内役としてこぼれ話や豆知識などを掲載。専門的な知識がなくても「分かりやすく」「読みやすく」なるよう工夫した。

 「この本を通じて『名古屋ってやっぱり芸どころのまちなんだ、名古屋の文化って面白いんだ』と気付いてもらい、『芸どころ名古屋』というイメージの確立に近付くことができれば」とも。

 A5サイズ、156ページで、価格は1,650円。販売部数4000部。三省堂書店など一般書店のほか、クーレーベルオンラインストアで販売する。

Stay at Home

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?