MLSの飲食店がオリジナルカクテル-「ミッドランドブルー」ほか

41階のダイニング&バー「Blue’dge(ブルーエッジ)」で提供するオリジナルカクテル「ブルーエッジ」(左)と「ミッドランドブルー」(右)。フードはイメージ

41階のダイニング&バー「Blue’dge(ブルーエッジ)」で提供するオリジナルカクテル「ブルーエッジ」(左)と「ミッドランドブルー」(右)。フードはイメージ

  •  
  •  

 ミッドランドスクエア(以下MLS)オフィス棟41階にナゴヤキャッスル(名古屋市西区樋の口町3)が3月6日にオープンするダイニング&バー「Blue’dge(ブルーエッジ)」(名古屋市中村区名駅4、TEL 052-527-8866)では、オープンを記念したオリジナルカクテルを提供する。

 「水」をテーマにする同店では、壁面に滝、窓際席の床に水板を設けるなど店内各所に水を使用した演出を行い、3層構造の客席には段差を設け、店内のどの席からでも景色や水の演出を見渡せるのが特徴。主要ターゲットは20代後半~40代前半の女性。同店では、水の色をイメージした色と店名の「ブルー」にちなみ、同店オープン記念のオリジナルカクテルを企画したという。

[広告]

 提供するカクテルは、「ミッドランドブルー」「ブルーエッジ」「HANADA(はなだ)」の3種。「ミッドランドブルー」は、青いパッションフルーツのリキュールをベースに、グレープフルーツゼリーと炭酸で層をつくり、同ビルオフィス棟の「低層階、中層階、高層階」の3層を表現したロングカクテル。「ブルーエッジ」は、バラのリキュールをベースに、リンゴのリキュール、レモンジュース、ブルーキュラソーなどを組み合わせ「青いバラ」をイメージ。グラスの横には食用のバラを飾り、ライムの皮でバラのつるを表現しているという。「HANADA」は、MLSのロゴなどに使用されている「縹色(はなだいろ)」を、紅茶のリキュールや柑橘系のジュース、青いシロップを合わせて再現している。価格は、各1300円。オリジナルカクテル以外にも、約300種のアルコール類などを取り扱う。

 また同店では、季節の野菜や素材を生かしたフードメニューや、ランチタイムのコース(3,500円と6,000円の2種)のほか、バータイムには17時~19時限定のコース(2人で7,000円)なども提供、同店オリジナルのチョコレート(8個入り、2,000円)や缶入り紅茶(アールグレイ・ミュール・ブルーライチ=各1,000円、ダージリン=1,200円)も販売する。

 店舗面積は50坪。席数は、ホール=53席、カウンター=5席。営業時間は、11時~23時。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?