妙真寺1階にオーガニックカフェ、別院建立後の空間を有効活用

「妙真寺」1階を改装してオープンしたカフェ「i-cafe」店内

「妙真寺」1階を改装してオープンしたカフェ「i-cafe」店内

  •  
  •  

 西区「円頓寺商店街」界隈にある「妙真寺」(名古屋市西区那古野1)1階に4月7日、カフェ「i-cafe(アイカフェ)」(TEL 052-602-5387)がオープンした。

店舗面積は約40坪で、席数は約20席。「妙真寺」住職を父に持つ同店オーナーの町田さんが、1階をカフェに改装した。コンセプトは「和 LOHAS 町づくり」。大学で都市計画を学んだ町田さんは、「以前から住居を生かした環境設備や、建築に興味があった」と話しており、春日井市に「妙真寺」別院が建てられた後、空きスペースとなっていた住宅兼寺の場所を利用して、1階にカフェを設けたほか、2階は「妙真寺アトリエ教室」として、禅ヨガ、書道、着付けなどのカルチャースクールを開講している。雨水タンクを設置した屋上は、野菜やハーブを育てる「屋上菜園」に利用している。

[広告]

 同店で提供する料理には、有機農法で栽培された野菜などを使用し、同店スタッフ手作りのベーグルやケーキなどのほか、有機栽培農園で作られたコーヒー「バードフレンドリーコーヒー」や「オーガニックジュース」、完全無農薬、有機栽培麦使用の「オーガニックビール」も提供する。

 主なメニューは、「ごはんものセット(五分づき米使用)」(840円)、「ベーグルセット」(680円)、「ベーグルフレンチトースト黒蜜きなこ」(630円)、抹茶やきなこを使用した「和スコーン」(160円)、「バードフレンドリーコーヒー」(500円)、 「オーガニックジュース」(400円)、「オーガニックビール」(500円)ほか。

 町田さんは「お寺はもともと人が集まる場所で、店名の「i-cafe」は「i=自分」の意味。寺をカフェとして開放することで、情報発信地となったり、新たな自分を発見できる場所として街の活性化につながればうれしい」と話している。6月22日には店内で「キャンドルナイト」の開催を予定するほか、毎月季節に合わせたさまざまなイベントを予定しているという。

 営業時間は11時~21時。月曜定休。

i-cafe(愛・地球通信ブログ)

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?