3密を避けて新しい生活様式へ!

ミュージカル「フロッグとトード」会見に川平慈英さんら

 名鉄ホ―ルで上演予定のミュージカル「フロッグとトード~がま君とかえる君の春夏秋冬~」の記者会見に訪れた石丸謙二郎さん(左)と、川平慈英さん(右)。

 名鉄ホ―ルで上演予定のミュージカル「フロッグとトード~がま君とかえる君の春夏秋冬~」の記者会見に訪れた石丸謙二郎さん(左)と、川平慈英さん(右)。

  • 0

  •  

 名鉄ホ―ル(名古屋市中村区名駅1、TEL 052-561-7755)で6月21日、ミュージカル「フロッグとトード~がま君とかえる君の春夏秋冬~」の記者会見を行った。

 同作は、小学校2年生の国語の教科書題材にも採用されている、アーノルド・ローベル原作の絵本「frog and Toad are friends(フロッグとトード ふたりはともだち)」をミュージカル作品化したもの。がま君(トード)とかえる君(フロッグ)、冬眠から目覚めた仲良しのかえる2匹が季節を通して繰り広げる友情の物語は、ブロードウェイミュージカルとしてアメリカで上演され、2003年にはトニー賞3部門にノミネートされた。同作は、昨年4月石丸謙二郎さんと川平慈英さん主演で、東京・俳優座劇場で初めて上演され、大人から子どもまで年代を問わずに楽しめるミュージカルとして高い評価を受け、今年再演が決定、東京をはじめ地方での公演が実現した。

[広告]

 当日記者会見には、かえる君役の石丸謙二郎さんと、がま君役の川平慈英さんが出席。石丸さんは、「ミュージカルが好きで俳優を目指したが、この作品で初めてミュージカルに出演することができた。子ども向けの作品だが、自分が大人として一番見たいと思える作品」と話しており、川平さんは「子ども向けの作品でも、子どもっぽいミュージカルにしたくない。子どもは一番厳しい観客だと思う。音楽の良さや衣装の色使いなど、芝居以外にも注目してほしい」と話していた。

 石丸さんと川平さんは、この作品が初共演で、子ども向け絵本のかえる役と聞いた石丸さんは「最初、かえるのぬいぐるみを着て演じるのかと思っていた(笑)。慈英(川平さん)はかえる顔だからいいけど」と突っ込むと、川平さんが「石丸さんこそ、あまがえる顔ですよ」と笑わすなど、初共演とは思えない息の合った様子を見せる一面も。川平さんは、「世間は心が冷めるようなニュースが多いが、この作品を通じて自分や他人に対する優しさを再認識してもらえたら嬉しい。家族や恋人同士など、大切な人と一緒に見にきてほしい」と話す一方、石丸さんは「前回の公演で、子どもたちが乗り出すように夢中になって見ていたのが嬉しかった、タップダンスも見どころのひとつ。上質なブロードウェイミュージカルを目指したい」と作品への意気込みを語った。

 チケットは6,500円。同ホールでの上演は、8月23日14時からの1回のみ。

名鉄ホール

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?