ミュージカル「赤毛のアン」、東海地区オーデョションに96人参加

「2万人の鼓動 TOURSミュージカル『赤毛のアン』」東海地区オーデョションの合格者ら。名古屋公演は、8月28日

「2万人の鼓動 TOURSミュージカル『赤毛のアン』」東海地区オーデョションの合格者ら。名古屋公演は、8月28日

  •  
  •  

 名古屋市西文化小劇場(名古屋市西区花の木2)で3月27日、「2万人の鼓動 TOURSミュージカル『赤毛のアン』」東海地区オーデョションが開催された。

 同企画は、今年8月に全国で公演予定の舞台「2万人の鼓動 TOURSミュージカル『赤毛のアン』」の出演者オーディションを各公演予定都市で開催し、地方公演と全国公演出演者を選出するもの。ミュージカルは、エステー(本社=東京都新宿区)が主催し、「国内でのミュージカル文化の発展と、全国で俳優を目指している人に、ミュージカルに出演できるチャンスを与えたい」との思いから2001年より全国でオーディションを開催し出演者を選出している。

[広告]

11年目を迎える今回の公演では、昨年に引き続き歌手の島谷ひとみさんが主役のアン役を務める。チケットは、すべてプレゼントなどによる招待制。昨年の名古屋公演では2,147人を動員した。

 当日、東海地区オーディションには7歳~29歳までの96人が参加し、同ミュージカルの課題のダンス審査と歌唱審査を通過した8歳~24歳の17人が、名古屋公演と全国公演出場候補者として選ばれた。今後、仙台、東京、北海道でも地区オーディションを開催し、全地区の合格者の中から最終的に地方公演と全国公演出演者を決定するという。

 オーディションで2年連続の合格者となった、名古屋市港区の宇野賛多君(10)は、昨年の名古屋公演にも出演した経験を持つ。宇野君は「自信があったが、合格してうれしい。昨年は、本番でダンスの振り付けをたくさん間違えてしまったので、今年も出演が決まったら、ダンスを頑張りたい。将来は、小栗旬さんのような俳優になりたい」と意気込みを話す。今回のオーディションで最年少の合格者となった同昭和区の田中那奈ちゃん(8)は「初めてのオーディションで合格したので、うれしかった。緊張したけど楽しかった。本番でも練習でも、ダンスをたくさん踊れるのが楽しみ」と、うれしそうに話していた。

 同オーディションで審査員を務めた「TOURS」ミュージカルプロデューサーの戸田さんは「名古屋の参加者は、全国でも特にダンスのレベルが高いと感じている。オーディションでは、課題の歌やダンスを素直に表現できる人を選出した。当日は、エネルギッシュでパワフルな舞台に仕上げたい」と意気込みをみせる。

 公演は、8月14日の北海道公演を皮切りに、東京、大阪、福岡、広島、仙台など全国8都市10公演を予定、8月28日に「中京大学文化市民会館」で行われる名古屋公演で千秋楽を迎える。


「赤毛のアン」中四国地区オーディション-15人が最終審査に(広島経済新聞)
2万人の鼓動 TOURSミュージカル「赤毛のアン」公式サイトエステー

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?