天気予報

33

22

みん経トピックス

円頓寺にカブキカフェ名駅で「札幌シメパフェ」

映画「復讐したい」が名古屋先行公開 「BOYS AND MEN」が舞台あいさつ

映画「復讐したい」が名古屋先行公開 「BOYS AND MEN」が舞台あいさつ

舞台あいさつを行った「BOYS AND MEN」

写真を拡大 地図を拡大

 名駅南の映画館「109シネマズ名古屋」(名古屋市中村区平池町4)で2月27日、映画「復讐(ふくしゅう)したい」が先行公開され、出演の「BOYS AND MEN(ボーイズ・アンド・メン)」10人が舞台あいさつで登壇した。

 ボーイズ・アンド・メンは東海エリア出身・在住の男性タレント、俳優たちで構成されたエンターテインメント集団。テレビや映画への出演、ステージ公演など精力的な活動を行っている。

 同作品は「リアル鬼ごっこ」「親指さがし」などのベストセラー作家・山田悠介さんの同名小説が原作。「復讐法」が制定された近未来の日本を舞台に、大切な人を失った被害者家族と、命を奪った受刑者たちが戦いを繰り広げるサバイバルアクション。室賀厚監督がメガホンを取り、オール東海ロケで撮影された。

 2020年の日本では犯罪に巻き込まれた被害者・遺族の復讐を認める「復讐法」が制度化されている。中学校教師・高橋泰之(水野勝さん)は復讐法に反対だったが、最愛の妻・泉(高橋メアリージュンさん)が見知らぬ男・小寺(吉原雅斗さん)に殺されてしまう。怒りを抑えきれない泰之は自らの手で犯人を制裁する道を選び、復讐の場に設定された孤島に向かう。法務省の猪狩(岡田義徳さん)、田所(小林豊さん)らに管理されたその島では、無差別テロで捕まった凶悪犯4人と、板垣(田中俊介さん)、日野(本田剛文さん)らテロ被害者遺族たちの戦いも始まろうとしていた。

 この日は若菜太喜さんを除くメンバー10人が登壇。メンバーは会場からの大きな拍手に、笑顔で手を振った。主演の水野さんは「僕たちのホームで多くの人に集まっていただき、全員で本気で取り組んだ作品を見てもらえるのは本当にうれしいこと。皆さん、ありがとうございます」とあいさつ。

 メンバーは1人ずつ、それぞれの役と映画の見どころ、撮影時のエピソードを紹介。水野さんと敵対する役を演じた吉原さんは「2人とも食事も喉を通らなくて、いつも用意してもらった弁当が2人分余った」と明かす。水野さんは「役に集中して互いに話もしなかった。2人の大事なシーンの撮影が終わった夜は、一緒に焼き肉を食べに行った」と振り返る。

 復讐者チームを演じた田中さんは「撮影前にチーム4人で意見交換をした。意思統一できたのはボイメンのメンバー同士だったからだと思う」とメンバーで出演できたメリットを語った。同作の見どころとなるガンアクションでは、「サバイバルゲーム好きの勇翔さんが頼もしかった」とメンバーから絶賛された。

 とっておきのエピソードを求められた小林さんは、辻本さんが取材でお気に入りと力説していたシーンがカットされた話を暴露。辻本さんが「いつかメーキングか何かの形でお披露目してほしい」と願うと、会場は大きな笑いに包まれた。

 本田さん、田村さんは映画の広報大使を担当。この日までにフォロワー数2万人の目標があったが、まだ未達成だったと判明。罰ゲームのピンチを迎えた2人は、期限を全国公開の3月5日まで延長。最終日まで毎日、メンバーが全員でツイートすると発表し、さらなる応援を呼び掛けた。

 最後に水野さんは「自分なら復讐するのか、しないのか。考えながら見てもらって、最後に自分なりの答えを出してもらえたら」と呼び掛け、映画の成功を祈った。

 109シネマズ名古屋ほか東海地区で先行公開中。3月5日から全国公開。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

シンフォニー豊田ビル、名古屋クロスコートタワー、ミッドランドスクエア、センチュリー豊田ビルが地下で環状につながる図解(画像提供:東和不動産)
[拡大写真]

アクセスランキング