鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」人気に-名古屋のメーカーが製造

鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」(イメージ)

鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」(イメージ)

  •  

 1936(昭和11)年創業の産業機械部品の老舗鋳造メーカー「愛知ドビー」(名古屋市中川区宗円町1)が製造・販売を手がける鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」が現在、人気を集めている。

 鋳物ホーロー鍋は、熱伝導率が高い「鉄」と赤外線効果があり保温性が高い「炭素」の合金で調理に最適な素材「鋳物」に、ガラスを吹き付ける塗装「ホーロー加工」を施したキッチン用鍋。

[広告]

 工業企業向けに機械部品などの製造を手掛ける同社。数年前からより不景気に強い企業づくりを目指し、一般消費者向け製品の構想を練っていたという。そうした折り、友人からもらったというフランス製の鋳物ホーロー鍋で作ったカレーを食べたところ、そのおいしさに衝撃を覚えたという同社専務の土方さん。「自社の鋳造技術と精密加工技術を用いれば、より良い製品を作れるのでは――と考え、開発を決意した」。同社にとって、消費者向け商品の開発・製造は今回が初めて。

 「当初、精密産業部品を得意とする当社の技術力であれば、鍋ぐらいはすぐに製品化可能だと思っていたが、鋳物ホーロー鍋の密封性を極限まで高めることと、鋳物にカラーホーロー加工をすることを両立することは非常に難しく、3年もの歳月を費やしてしまった」と振り返る。鋳物にカラーホーロー加工を施すことも難しく、日本ではほぼ実績がなく多くの企業が製品化に失敗してきたことを開発開始後に知ったという。3年間の間に何度も「一生できないのでは」とあきらめかけたが、数千個の試作品の研究を経て、技術を確立し製品化にこぎ着けた。

 大きな特徴は、これまでの鋳物ホーロー鍋では非推奨だった無水調理が、ふたと本体の気密性を高めることにより可能になった点。ミクロン単位の精度で熟練の職人が一つひとつ仕上げているという。遠赤外線効果、圧力鍋効果も持つほか、300度までの耐熱性を持つのでそのままオーブンに入れて調理することもできる。取っ手は指が4本が入るため「持ちやすく、洗いやすい設計」。また、「世界で初めて」という鋳物ホーロー鍋に対してパール加工を施す。直火、IHN電磁調理器、ハロゲンなどで使用可能。

 鍋ぶたへのネーミング加工もでき、「結婚祝いなどのプレゼント用をはじめ、一生使っていただくというコンセプトの下、愛着を持っていただけるようにと考えている」(同)とも。

 2月17日の発売開始後、現在までに約1,500個を発送し終え、約3,000個のバックオーダーを抱えている。「生産能力も当初の2倍以上にもなっているにもかかわらず、現在もお届けまで6カ月お待ちいただく状況」だという。

 価格は2万3,800円(22センチ、3.5リットル、5色展開)。今後、サイズ違いや新色の展開も予定している。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?