名駅に「世界の山ちゃん」1号店復活-創業日の手羽先記念日にオープン

創業店を再現した「串かつ・やきとり やまちゃん」

創業店を再現した「串かつ・やきとり やまちゃん」

  •  
  •  

 「幻の手羽先」で知られる居酒屋「世界の山ちゃん」を運営するエスワイフード(名古屋市中区新栄1)は6月14日、創業時の店を再現した「串かつ・やきとり やまちゃん」(中村区名駅4、TEL 052-564-1017)を名古屋駅近くの柳橋中央市場内にオープンした。

 さかのぼること29年前の1981(昭和56)年、現会長である山本重雄さんが24歳の時、新栄で始めた4坪の居酒屋「串かつ・やきとり やまちゃん」から「世界の山ちゃん」の歴史がスタート。現在では全国に62店舗を構え、同店が提供するコショーが効いてスパイシーな「幻の手羽先」は「名古屋名物」と言われるまでに成長した。創業店の復活について、「来年創業30周年を迎えるにあたり、原点の気持ちに帰るという意味が込められている」と広報担当者。

[広告]

 復刻店は、創業時と同じ店舗面積4坪に席数13席を設け、屋台のような雰囲気だった店をできる限り忠実に再現。「やまちゃん」と書かれた黄色と赤の店看板、懐かしいデザインのテーブルやいす、短冊の手書きメニュー、ディスプレーなど「昭和にタイムスリップしたような雰囲気」を醸し出す。

 さらに、来店客が増えたとき臨時で店の外に設けていたビールケースの机といすもガレージを利用し設置。歩道のラインも描くなど当時をほうふつとさせる空間づくりは、細部まで工夫を施す。オープン日も手羽先記念日となった1号店のオープン日(6月14日)に合わせるなど、とことんこだわった。

 保管してあった写真を参考に当時を思い出しながら復活させた店は「70%くらいは復元できた」と山本会長。よりリアルに再現するため、短冊のメニューや店内のポップは山本会長自らが手掛けた。「値段は当時のままではなく少し値上げをしたが、世界の山ちゃんの1号店で、あの古き良き時代にタイムスリップしていただけたら」と話す。

 やまちゃんの2代目を任されたのは、「世界の山ちゃん」従業員の中から選び抜かれた工藤慎也さん。1人で店を切り盛りする工藤さんは、当時山本会長が着ていた「目標年商百億円」と胸にプリントされたTシャツを着用。以前はストレートだったというヘアスタイルも少し長めのパーマヘアにして、1代目に「なりすます」。

 創業時とほぼ同じメニューは、手羽先(400円)、串かつ・やきとり(80円)、生ビール(390円)、ビンビール(450円)など「できるだけ低コストで、家庭でも作れそうなシンプルなもの」を提供する。「素朴な味」の焼きうどんは「世界の山ちゃん」のメニューから姿を消しているため、「ここでしか味わえない」という。

 壁にディスプレーした写真は、29年前に店に張ってあったもの。写真に写る常連客や山本会長の笑顔は、創業時の活気あふれる店の様子を今に伝える。オープン以来、かつて1号店に通っていた昔なじみの客も多く訪れるという同店。中には写真に写っている人や、何十年ぶりかに再会する客同士の姿も見受けられるという。「写真を見て当時を想像し、楽しんでいただければ」と広報担当者。「1号店のように誰もが気楽に立ち寄れる店、お客さまと育てていけるような店にしていきたい」と話す。

 営業時間は5時~深夜。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?