暮らす・働く

「働く」テーマに100人会議-大ナゴヤ大学、勤労感謝の日に開催へ

当日は司会を務める大ナゴヤ大学の加藤幹泰さん

当日は司会を務める大ナゴヤ大学の加藤幹泰さん

  •  

 NPO法人「大ナゴヤ大学」は11月23日、「勤労感謝の日。これからの『働く』について考えよう。『名古屋レイブル100人会議』」を開催する。会場は伏見駅近くの名古屋クラウンホテル(名古屋市中区栄1)。

 同企画は、昨年、大阪府が府のニート・ひきこもり支援、就労支援の施策の一つとして統合して取り組み始めた活動の一環。今年初めて東京、名古屋でも開催。「Not in Education, Employment or Training(教育、労働、就職訓練のいずれにも参加していない状態)」の頭文字を合わせた言葉「ニート(NEET)」は「怠け者」のイメージが先行することから、「遅咲き」を意味する「レイブル」(Late Bloomer、レイトブルーマーの略語)を「大阪ニート100人会議」が提唱した。働きたいという意思を持ち就職に向けた行動を起こしているものの、何らかの事情によって就職に至っていない若者のことをいう。

[広告]

 「働く」をテーマに「広い意味」で対話するイベント。「年齢も性別も就労しているかどうかも関係なく誰でも参加できる」と、企画を手掛ける大ナゴヤ大学の加藤幹泰さん。昨年まで就労支援を手掛ける大阪のNPO団体で活動していたが、今年地元の名古屋に戻り同団体に関わり始めた。「転職、働き方、安定、チャレンジ、夢、結婚…など考え方、価値観がフィーチャーされる時代。それぞれが感じていること、個人の引き出しの中から対話をしてもらえたら」。コアターゲットは学生~30代の若者だが、「若い人たちの声を聞きたい、コミュニケーションを取りたい、部下への接し方の参考になど、年配者の参加も歓迎する」。

 ゲストに浅越ゴエさんとヤナギブソンさんを迎える。会場はホテルの和室の宴会場で、参加者にはミカンを配る。「畳の上でミカン片手にリラックスしながら対話してほしい」と期待を込める。

 開催時間は13時~16時30分(予定)。事前申し込みが必要。詳しくはホームページで確認できる。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?