食べる 暮らす・働く

名古屋駅西のアイドル「dela」、地元ココイチとコラボバーガー

「駅西をもっと応援したい」という同店マネジャーの則武さん

「駅西をもっと応援したい」という同店マネジャーの則武さん

  •  
  •  

 「CoCo壱番屋 名古屋西口店」(名古屋市中村区則武2、TEL 0120-66-8518)は現在、名古屋駅西のアイドルユニット「dela(デラ)」(Delightful Enchanting Lovely Angels)とコラボした「delaバーガー」を販売している。販売開始は11月5日。

delaバーガーはこちら

 今年春にデビューした同ユニット。ビックカメラ名古屋駅西店前でのライブや東海地区でのイベント出演のほか、海外でライブも行った。運営はタレントエージェント業などを手掛ける「エムディーエム」(中村区則武1)。

[広告]

 新聞記事で同ユニットの存在を知ったという同店マネジャーの則武さん。「この場所に出店したのは10年以上前。そのころの駅西の街は暗く、夜のイメージが強かったが、このごろになって飲食店など店も増え来街者の層も変わり、街が明るくなって来たと思う。駅西をもっと応援したいという思いを持っていたところ、地元で活動するアイドルを知って、何かできないかと、まずエムディーエムの中村さんに連絡を入れた」という。「中村さんの考えや思いに感銘を受けた。自分にできることは…と考え始めた」とも。

 同ユニットとの企画が進み、これまでにメンバーが「私の好きなココイチメニュー」を紹介する企画のほか、店内でサイン会などを行ったこともある。「次の企画ではカレーを使ったメニューを出したい」という思いと、学生も多い地域ということから、手軽に食べられる「バーガー」に決定。社員のほかアルバイトスタッフも含めて相談し、商品やPRビジュアルなどの制作を行ったといい、「学生のアルバイトスタッフもデザインを担当したり…。楽しんで働いてもらえていることがうれしい」

 商品は同社の既存のカレーパンを使い、中の具には名古屋らしくエビフライを採用。注文が入ってからカレーパンを揚げ、パン部分に切り込みを入れてエビフライとキャベツをマヨネーズであえた具をサンド。「揚げたての熱々でカリカリの食感」と則武さん。価格は350円でイートイン、テークアウトに対応する。同ユニットのファンのほか、学生、女性の購入客も多いという。

 そのほか、缶コーヒー「ジョージア でら!珈琲」も参画。「『delaバーガー』と『ジョージア でら!珈琲』と発売日が一緒だったことを知り、運命だと思った(笑)。東海地区を応援する企画で、街を元気に明るくするという目的が同じ」。コカ・コーラ セントラル ジャパンに問い合わせし、企画を進め、delaバーガーと一緒にPRし、店内で販売している。価格は120円。

 今回の企画で中村さんは「壱番屋さんのようなグローバルな会社とコラボできて光栄。エンターテインメントの世界は今回のように思いもよらないことが実現するなどいろいろな可能性がある。則武さんとはもう相思相愛の仲(笑)。これからも協力していきたい」と話す。

 営業時間は11時~24時。販売は来年1月末まで。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?