食べる

名駅にNY発レストラン 国内2店舗目、看板メニューはNYでNO.1に輝いたパンケーキ

主力メニューの一つ「ブルーベリー パンケーキ with メープルバター」

主力メニューの一つ「ブルーベリー パンケーキ with メープルバター」

  • 29

  •  

 タカシマヤ ゲートタワーモール(名古屋市中村区名駅1)6階に4月17日、ニューヨーク発のレストラン「クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニー」(TEL 052-566-6602)がオープンした。

「メープル・バター」をかけて食べる「フライドチキン & ワッフル」

 シェフでオーナーのニール・クレインバーグさんと妻のディディ・ラーマンさんが2001年4月、ニューヨークにオープンしたレストランで、日常的に食べられているアメリカ料理を提供する。2005年と2008年のニューヨークマガジンで同店のメニュー「ブルーベリー パンケーキ with メープルバター」が「ニューヨークでNO.1」の評価を受けたことでも有名になった。

[広告]

 日本では東京・南青山に次ぐ2店舗目。席数はカウンター、ソファ、テーブル席合わせて約70席。ニール夫妻の意向で大都市圏にオープンするのは1店舗までとし、地元に根付いた店を目指すという。日本以外はドバイ、シンガポール、タイに展開している。

 レシピに忠実に、分量もそのまま反映できるようにオンス単位の計量器を使い、「ニューヨークのレストランの味、そのものを提供している」と同店担当者。

 フードメニュー約20種類、ドリンクメニュー約30種類をそろえる。主力メニューの一つ「ブルーベリー パンケーキ with メープルバター」(3枚=1,600円、2枚=1,380円)は、バターをたくさん使い「外はサクッと、中はしっとり」と仕上げたブルーベリーの果肉入りの生地に、ブルーベリーソースと同店特製の「メープル・バター」を添える。

 もう一つの主力メニュー「エッグ ベネディクト」(1,700円)は、イングリッシュマフィンの替わりに「バターミルクビスケット」を使ったオリジナル要素を加えたもの。そのほか、甘い「バターミルクワッフル」の上にフライドチキンをのせ、「メープル・バター」をふんだんにかけて食べるアメリカ南部の料理だという「フライドチキン & ワッフル」(1,500円)、サンドイッチ、ハンバーガーなど。

 ドリンクは、店内で果物を搾るという果汁100%の「オレンジジュース」「グレープフルーツジュース」(以上800円)、「ハウスレモネード」(600円)、アイスティーとレモネードを半分ずつ合わせた「アーノルドパーマー」(650円)など(価格は全て税別)。

 店内の壁には、名古屋城、金のシャチホコ、名古屋駅かいわいのビル群、リニア、東京タワー、雷門、相撲などの日本をモチーフにしたイラスト、シンガポール、ドバイなど海外をモチーフにしたイラスト、同店メニューのイラストが描かれている。

 営業時間は10時~21時。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?