見る・遊ぶ

名古屋出身・岩田剛典さんが映画「去年の冬、きみと別れ」舞台あいさつ

ミッドランドスクエアシネマで舞台あいさつを行った岩田剛典さん(右)と土村芳さん

ミッドランドスクエアシネマで舞台あいさつを行った岩田剛典さん(右)と土村芳さん

  •  
  •  

 名駅の映画館「ミッドランドスクエアシネマ」(名古屋市中村区名駅4)で3月17日、公開中の映画「去年の冬、きみと別れ」の舞台あいさつが行われ、出演の岩田剛典さん、土村芳さんが登壇した。

映画「去年の冬、きみと別れ」

 同映画は愛知県東海市出身の芥川賞作家・中村文則さんの同名小説が原作。婚約者との結婚を間近に控え、「最後の冒険」として猟奇殺人事件を追いかけた記者が、危険な罠にはまり込んでいくサスペンス。主人公の記者・耶雲を「三代目J Soul Brothers」のパフォーマーや俳優などで活躍する岩田さんが単独での映画初主演。容疑者の天才カメラマン・木原坂を斎藤工さん、耶雲の婚約者・百合子を山本美月さん、木原坂のモデルを務めていた盲目の美女・亜希子を土村さんが演じる。「犯人に告ぐ」の瀧本智行監督がメガホンを取り、「無限の住人」の大石哲也さんが脚本を担当している。

[広告]

 2人が登壇すると満員の客席から大きな歓声。名古屋出身の岩田さんが「ただいま!」とあいさつすると、観客からは大きな「おかえり!」の声が返ってきた。単独初主演作での地元凱旋(がいせん)に岩田さんは「この映画は昨年すごく力を注いだ作品で、原作小説にも負けないエナジーを持っている。名古屋の皆さんに届けることができて、心からうれしい」と笑顔。土村さんは「名古屋にはまだきちんと降り立ったことがなかったので、初めてに近い。鶏肉とみそが美味しいイメージ」と名古屋の印象を話した。

 公開から1週間がたち、各地を舞台あいさつで回った岩田さん。「いろいろな表情が見られた、物語にだまされたなど、さまざまな意見や感想をいただけた。自分としては呼んでいただいてうれしかった作品。こうして皆さんと同じ空間を共有するこができてうれしい」と話した。物語の鍵となる役どころのため「公開前には表に出ることが少なかった」という土村さんは「公開して、やっといろいろな話ができる」と笑顔を見せ、出演シーンや脚本について振り返った。

 最後に土村さんは「見た後に不思議な感覚になったと思うが、その感覚はこの作品だからこそ感じられるもの。何度も見ていただきたいし、何度でもいろいろな方に話してもらいたい」とあいさつ。岩田さんは「この映画は自分の役者人生で一つのターニングポイントになるような大きな作品だと思っている。皆さんに届けることができて感無量。是非、口コミなどでこの作品の感想を広めていただけたら」と呼び掛けた。

 ミッドランドスクエアシネマほかで全国公開中。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?