暮らす・働く

名古屋駅前の三井不動産新ビル着工 2021年1月末の完成目指す

「名古屋三井ビルディング北館(仮称)」外観イメージ

「名古屋三井ビルディング北館(仮称)」外観イメージ

  •  

 三井不動産(東京都中央区)が6月22日、名古屋駅前の「名古屋三井ビルディング北館(仮称)」(名古屋市中村区名駅4)の着工を発表した。

商業施設が入る低層階(イメージ)

 同ビルの概要は、地上20階、地下2階建て、高さ99.75メートル、敷地面積は約2248平方メートル、延べ床面積は約2万9450平方メートル。地下1階~地上3階に商業施設、5階~19階にオフィス(1フロア約1000平方メートル)、屋上に同ビルのオフィスワーカーが利用できる「リフレッシュガーデン」を設けるという。名古屋駅とは地下街で直結する。

[広告]

 完成は2021年1月末を予定する。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?