学ぶ・知る

名駅でちりめんじゃこに混ざる小さな生物「じゃこ星人」から海洋学ぶイベント 

  •  
  •  

 ちりめんじゃこに混ざっている小さな生物を通じで海の生き物や海洋について学べるイベント「なるほど納得!じゃこ星人!!」が8月17日、河合塾名古屋校(名古屋市中村区椿町2、TEL 0120-519-322)で開催される。

 同塾が小学5・6年生を対象に夏休みの特別企画として開催するもの。塾生以外の参加も可能。毎年、春と夏に塾生以外の子どもに向けたイベントを実施している。これまで、ペットボトルで雲を作る実験、シャーペンの芯に電流を通す実験など実施してきたと言う。

[広告]

 広報担当者によると「理科・社会などの教科だと『お勉強』になってしまうが、身近なところにも理科や社会の内容で興味を引くものがあることを小学生に知ってもらいたい」との思いで企画。「自由研究にも使えるのでは」とも。

 今回は小さなカニやエビ、ほかの魚の子どもが混ざっていることが多い「じゃこ」を題材にし、顕微鏡を使って「じゃこ」を観察し、「じゃこ」以外の生物を見つけて確認する。社会の先生が海の地形などを解説し、海の生き物や海洋について教える。

 定員は親子20組40人。子ども1人での参加も可能。実施時間は10時30分~12時。参加費無料。事前申込みが必要で、ウェブ、電話、校舎窓口で受け付ける。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?