見る・遊ぶ

名古屋城夏まつり始まる 回る名古屋提灯付けた櫓を囲み「大盆踊り大会」

名古屋城を背景に行う「大盆踊り大会」。今年はオリジナルの櫓を特設。ミラーボールのように回る名古屋提灯を取り付けた。

名古屋城を背景に行う「大盆踊り大会」。今年はオリジナルの櫓を特設。ミラーボールのように回る名古屋提灯を取り付けた。

  •  
  •  

 「名古屋城夏まつり」が8月9日、名古屋城(名古屋市中区本丸1)内で始まった。

会場全体の様子

 正門すぐ近くに、ミラーボールのように回る名古屋提灯(ちょうちん)がシンボルの盆踊り櫓(やぐら)を特設。愛知県産ヒノキで作ったオリジナルの櫓を囲んで、期間中の毎晩、「大盆踊り大会」(18時~20時30分)を開催する。金色の市松模様の名古屋提灯は盆踊り中、音楽に合わせさまざまな色に照らされる。盆踊りには外国人観光客の姿も多く見られた。

[広告]

 縁日コーナーでは射的、輪投げ、スーパーボールすくい、名古屋提灯に好きな絵柄を貼りオリジナルちょうちんを作るワークショップなどを実施。たくさんの家族連れが楽しんだ。

 フードやドリンクを販売するブース「鯱食堂」を設置し、「カリッと揚げた肉みそ入り名古屋厚あげ」、「やみつき!冷やし担々麺」、地元の老舗豆腐店「くすむら」の商品を生かした「生ゆば入り まろやかだし巻き玉子」「つめた~いぶっかけ豆腐」のほか、手羽先、どて煮などのなごやめし、焼きそばや唐揚げ、枝豆などの定番メニューも用意する。

 期間中、9時~11時は「モーニング営業」をし、ドリンクを注文すると、厚切りトーストとゆで卵の「名古屋名物モーニングセット」(各日、数量限定)が無料で付いてくる。

 なごやめしメニューは、「手羽先」「みそ串カツ」「エビどて串」「あんかけスパゲッティ」「天むす」(以上、各500円)など、「老舗グルメ」として、地元の老舗豆腐店「くすむら」の商品を生かした「豆腐田楽」(250円)、「みそこんにゃく田楽」(200円)、「知多牛串焼き」(800円)、柳橋中央市場直送の「海鮮焼き」(700円~)、「コーチン唐揚げ」(900円)、「コーチン焼き鳥」(350円)など。そのほか、「ソース焼きそば」「大たこ焼き」(以上、各500円)など定番メニューも。「たっぷり果肉・練乳入り100%生フルーツソースかき氷」(900円)は、ストロベリー・ブルーベリー、ブドウ、バナナ・マンゴー・パイン・マンゴー・ピーチの4種類を用意する。

 開催は18日まで。期間中の名古屋城の開門時間は9時~20時30分。名古屋城観覧料500円(中学生以下無料。期間中浴衣の来場者は400円になる)が必要。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?