食べる

堀川沿いで「なやばし夜イチ ビール祭り」 東海エリアのクラフトビール楽しむ

「なやばし夜イチ」オリジナルビールも登場(写真提供:なやばし夜イチ)

「なやばし夜イチ」オリジナルビールも登場(写真提供:なやばし夜イチ)

  •  
  •  

 東海エリアを中心とした醸造所のクラフトビールが楽しめる「なやばし夜イチ ビール祭り」が9月27日・28日、名古屋を南北に走る運河「堀川」沿いの遊歩道を会場に開かれる。

過去に開催された「なやばし夜イチ ビール祭り」の様子

 毎月第4土曜に同会場で開かれるナイトマーケットイベント「なやばし夜イチ」。これまでにも、「ビール祭り」のほか、日本の4大ビールメーカーのビールを集めた「BIG4」、「日本酒祭り」など、テーマを持たせたイベントも展開する。

[広告]

 今回の「なやばし夜イチ ビール祭り」では、愛知、三重、長野、京都から12の醸造所と、同イベント運営メンバーで、三重で農業を営むメンバーらが作った古代小麦などを使って醸造したオリジナルビール「なやばし夜イチ」が出店する。各社3~4種類(「なやばし夜イチ」は1種類のみ)を用意し、会場には約40種類が集まる。ビールのサイズは、大(360ミリリットル)、小(240ミリリットル)を用意。

 ビールはチケット引き換えで楽しめる。チケット料金は11枚つづりで2,000円。ビールのサイズと量によりチケットの枚数は異なる。28日の13時~15時をハッピーアワーとして、チケット購入者を対象に1枚進呈する。

 会場にはフードブースも出店。屋台やキッチンカーが集まるほか、東海圏の8軒の農家が集まり、持ち寄った野菜をその場でフライにする料理などを販売。野菜の販売も行う。

 開催時間は27日=16時~21時、28日=13時~21時。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?