3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

名駅の東急ハンズで原石・化石イベント「ミネラルロマンス」 初の年末年始開催へ

綿毛のような見た目の「メソライト」

綿毛のような見た目の「メソライト」

  •  
  •  

 原石・化石を特集した販売イベント「ミネラルロマンス」が12月26日、東急ハンズ名古屋店(名古屋市中村区名駅1)10階のイベントスペースで始まった。

「目玉焼き」という俗称を持つインド産「フローライト球状結晶」と水晶

 毎年ゴールデンウイークの時期に合わせて開催される恒例の同企画は13回目。今回初めての試みとして年末年始に開催する。米コロラド州で開かれる原石・化石の即売会「デンバーミネラルショー」で同店スタッフが買い付けた商品を販売する。毎年買い付けを担当している企画担当者の塩野正鎮さんによると、アメリカ国内ではアリゾナ州で開催される世界最大規模の原石・化石の即売会「ツーソン・ミネラルショー」に次ぐ規模だという。

[広告]

 年末年始の初開催に至った理由について、塩野さんは「年1回ではなく開催回数を増やしてほしいとの声を多くいただいていた。ありがたいことに人気があり、売り場を管理しきれなくなってきたこともあり回数を増やした。年末年始の帰省に合わせ来店しやすい時期で、子どもさんにとってもお年玉で買い物できる」と話す。価格は数百円~数十万円。

 売り場規模はゴールデンウイーク開催時期と同じだが、「初めてのデンバーミネラルショーにテストで買い付けに行ったため、仕入れ数は多くなくストックが少ない」とも。「デンバーでもいいディーラーが出店していた。今回は広く浅い品ぞろえ」と塩野さん。

 例年通り、初日は朝からファンが詰めかけた。11時30分ころには商品の台座だけ残し完売した商品も多数あった。女性や子どもの来店客も多く、懸命に好みの商品を探す来場者の姿が見られた。

 商品ラインアップは、綿毛のような見た目で、針状結晶が放射状集合体になった鉱物「メソライト」、「ラビットテール」という別名を持ち「メソライト」よりも細い針状結晶の「オケナイト」、泥の中でできた黄鉄鉱の酸化により虹色になった「レインボーパイライト」、「目玉焼き」という俗称を持つ、「黄身」のような淡い黄色の球体のインド産「フローライト球状結晶」、一見チョコレートのような色合いで光の当たり方でさまざまな遊色を楽しめる「チョコレートオパール」、世界有数の人気の希少石「フォスフォフィライト」、美しい青の宝石として希少な「ベニトアイト」など。

 「お客さま同士SNSで情報交換したり、コレクターの投稿を見たり、お客さまの目も肥えている。鉱物について詳しいお子さんの来店もある。期待値が上がっているのでそれに応えるよう、より良いものを提供することが使命。おかげさまで常設の販売コーナーも人気があり、商品が売れていくほどに新しい商品を仕入れられるため、お客さまに常に新しい物を販売できるのも特徴」と塩野さん。

 営業時間は10時~20時。開催は2020年1月8日まで。

Stay at Home

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?