3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

セントレア開港15周年を記念したTシャツ 名鉄百貨店で期間限定販売へ

セントレア開港15周年を記念した「ミュースカイ×OJICO コラボレーションTシャツ2020」(イメージ)。フロントとバックで絵柄がつながるデザインが特徴

セントレア開港15周年を記念した「ミュースカイ×OJICO コラボレーションTシャツ2020」(イメージ)。フロントとバックで絵柄がつながるデザインが特徴

  •  
  •  

 名古屋と中部国際空港セントレアを結ぶ名古屋鉄道の空港特急「ミュースカイ」がデザインされた親子Tシャツが3月11日、名鉄百貨店本店(名古屋市中村区名駅1)で期間限定販売される。

 同商品は「楽しくないTシャツなんてほしくない」をコンセプトに掲げるTシャツブランド「OJICO(オジコ)」(運営=チャンネルアッシュ、石川県金沢市)が名古屋鉄道とコラボしたもの。同社とのコラボは7回目で、過去に「なまず」の愛称を持つ同社の電車「850系」や名鉄パノラマカー7000系などをモチーフにしたTシャツを販売した。ペアで着用すると、フロントとバックで絵柄がつながって見えるデザインで、親子、友人、夫婦などペアで着用する楽しみもある。

[広告]

 今回はセントレア開港15周年を記念したデザイン。「15TH」と飾られたケーキや花束を持つ飛行機がミュースカイに乗り込む様子が描かれている。同商品担当者は「テーマがお祝いということで、入園、入学などさまざまな祝いのシーンにプレゼントするのもお勧め。デザインに込められた意味やストーリーも含めて、特に地元の方にはたくさん着ていただきたい商品。半袖のTシャツなので、長袖と重ね着をしていただければ1年と通して長く着られるアイテム」と話す。

 サイズは90~155センチ、レディースM・L、メンズM・L・LLを展開。価格はサイズにより異なり3,960円~5,720円。

 同店での販売は今月24日まで。その後、名鉄百貨店一宮店(一宮市)で3月25日~31日、OJICOの公式ウェブサイトなどで順次販売予定。

Stay at Home

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?