3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

商店街の飲食店メニュー紹介「円頓寺商店街TAKE OUT」スタート 限定でデリバリー無料

「円頓寺商店街TAKE OUT」のチラシを手に円頓寺商店街理事長の田尾大介さん

「円頓寺商店街TAKE OUT」のチラシを手に円頓寺商店街理事長の田尾大介さん

  • 450

  •  

 円頓寺商店街(名古屋市西区那古野1)の飲食店の料理を事前注文・テークアウトまたはデリバリーで利用できる仕組み「円頓寺商店街TAKE OUT」が8月24日、始まった。

「円頓寺商店街TAKE OUT」のチラシ

 同商店街理事長の田尾大介さんによると、新型コロナで円頓寺商店街のさまざまな飲食店で弁当やテークアウトメニューが用意されたが、「どの店で何をやっているのか、いつ買えるのか、連絡先も分からない」といった声がよく聞こえたという。「各店がせっかく実施していることを、商店街でひとまとめにして見れるようにしよう」と考えて、同仕組みの準備を進めてきた。

[広告]

 「円頓寺商店街TAKE OUT」ウェブサイトにランダムに表示される料理のほか、各店掲載のメニュー表から希望のメニューを選び、販売店に電話注文するもの。店舗での受け取りかデリバリーを選べる。店舗情報の掲載でなく、料理で選べるように料理写真が表立って見えるようにした。「まずシンプルに。ウェブで注文・支払いまでできる仕組みができると良いが、第一歩。まだ電話注文の方が使いやすい、分かりやすい、問い合わせにも対応しやすいなど利便性がある」(田尾さん)。まずは8店舗からスタートし、徐々に増やしていくという。

 コロナの前から商店街を取りまとめたいという構想があったと振り返る。「大急処置ではなく、新しい利用スタイルの商店街に育てていけたら。商店街という集合体で、これまで以上の価値を作れると思う。一つのチームになって盛り上げて行きたい。オンライン商店街を目指す」と意気込みを見せる。

 愛知県の「新型コロナウイルス感染症緊急対応事業」の補助金を活用しデリバリー運用費に充て、9月30日までは配達無料。エリアは、北は浄心、南はささしまライブ、東は高岳、西は本陣までの同商店街近辺で、詳細はホームページで確認できる。デリバリーは自転車便「デイジーメッセンジャー」がクーラーボックスを搭載した運搬用自転車で届ける。対応時間は11時~17時(日曜を除く)。配達時間の目安は注文から約1時間で、事前予約で時間指定もできる。無料配達利用は各店1,000円以上からで、1,000円未満は配達料1,500円が必要。

 「散歩がてら受け取りに来てほしい。デリバリーはオフィスのランチタイムなどにも利用してほしい。サイトを使って複数店舗の料理を味わえる楽しさを体験していただければ」と利用を呼び掛ける。

Stay at Home

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?