見る・遊ぶ

名古屋城で「金鯱展」開催へ 海と山に見立てた会場に「海シャチ」「山シャチ」

「名古屋城 金鯱展 ~守り神降臨、海と山の祈り~」メインビジュアル

「名古屋城 金鯱展 ~守り神降臨、海と山の祈り~」メインビジュアル

  • 81

  •  

 「名古屋城 金鯱展 ~守り神降臨、海と山の祈り~」が3月20日、名古屋城(名古屋市中区本丸1)の「二之丸広場」で開かれる。

名古屋の郷土玩具を1000個限定で復刻した「金鯱土鈴」

 16年ぶりに地上に降りる「金シャチ」を海と山に見立て演出した会場に「海シャチ」「山シャチ」として展示する「巨大なアートギャラリー」が登場する。

[広告]

 名古屋城の金シャチは徳川家康が天守に設置して以来、さまざまな災厄ににらみをきかせ、名古屋のまちを守ってきた。江戸時代は尾張藩の苦境を助け、明治時代は名古屋城の命運をつなぎ、戦後は復興を進める市民の心のよりどころになってきたという。

 観覧は3つのコースを用意する。「スタンダードコース」は、ユーラシア大陸を旅してきた「シャチ」のルーツや、古今東西の災厄と向き合ってきた「シャチの仲間たち」を表現した絵図を観覧した後、全方向から鑑賞できる「山シャチ」と水盤に浮かぶ「海シャチ」の両方を「じっくり」楽しめるもの。絵図を手掛けたのは、ミュージシャンのUAさんのジャケットアートを皮切りに数々のミュージシャンに作品を提供してきたイラストレーターの2yangさん。

 「ショートコース」は「山シャチ」「海シャチ」の姿を鑑賞できる所要時間が短い内容で、「時間のない方にお薦め」のコース。「フォトコース」は「海シャチ」の近くで専任カメラマンによる記念撮影ができる内容。フォトコース参加には、同展ホームページで受け付ける事前申し込みか当日配布の整理券が必要。料金は1組1枚=2,000円。写真は同展オリジナルデザインの封筒に入れ、その場で受け渡す。

 物販ブースでは、名古屋城オリジナルの土産を販売。名古屋の郷土玩具を1000個限定で復刻した「金鯱土鈴(きんしゃちどれい)」(1,500円)、風呂に入れて香りを楽しむヒノキで作った「金シャチの湯」(1,400円)、金シャチを象った「金シャチクリップス」(700円、20個入り)、同展特別記念の「金の御城印」(500円)などを販売する。

 会場には、東日本大震災から10年の節目を迎える陸前高田市が観光PRや物販・飲食の販売を行うブースも設置する。

 開催時間は9時~16時30分(3月26日以降は夜桜ライトアップする「名古屋城 桜まつり」のため、19時30分まで)。名古屋の城観覧料(大人=500円、中学生以下無料)が必要(「金鯱展」への入場は無料)。4月2日まで。

名駅経済新聞VOTE

4月25日は名古屋市長選挙の投票日です。期日前投票などを含め、投票に行きますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース