見る・遊ぶ

名鉄百貨店で「おひめさまごっこ」企画 レンタルドレスで店内散策、撮影ブースも

「おひめさまごっこプロジェクト」イメージ画像(画像提供=はなか)

「おひめさまごっこプロジェクト」イメージ画像(画像提供=はなか)

  • 17

  •  

 子どもが「お姫様」「王子様」に「変身」できる企画「おひめさまごっこプロジェクト」が3月27日・28日、名鉄百貨店本店(名古屋市中村区名駅1)本館10階で開催される。

 同プロジェクトの対象は2歳~13歳までの男女。「お姫様」「王子様」のレンタル衣装に着替えた後、施設内で自由に過ごすことができる。制限時間は2時間で、館内で写真撮影、散歩、飲食店で食事もできる。

[広告]

 同企画運営会社「はなか」(静岡県浜松市)の宮武弓佳社長によると、自身の子どもたちが楽しそうに「おひめさまごっこ」をする様子にヒントを得たのが企画のきっかけという。「日本全国の女の子をおひめさまにしたい」という思いの下、2014(平成26)年に静岡県浜松市で初開催した。埼玉県から島根県まで全国で開催し、名古屋開催は今回が初めて。過去の開催では、「子どもたちの変身願望をかなえ、商業施設内を散歩すると店員さんをはじめ、道行く人から『かわいい』とほめられる様子が印象的だった」と宮武さん。

 当日は、約200着用意するドレスと王子様衣装から子どもが自由に選ぶことができる。衣装のサイズは80センチ~150センチ。ティアラ、靴、ウィッグ、パニエ、ショールなど小物の貸し出しも行うため、トータルコーディネートが可能だという。ヘアメークは原則保護者が担当する。

 会場には撮影ブースを設置。「カメラ、スマホなどで子どもたちの変身したかわいい姿を撮影して楽しんでほしい。ドレス姿での食事や買い物をして、『おひめさまごっこ』を楽しんでほしい」と宮武さん。

 参加費は1人=2,200円。同店本館4階のベビー・子ども服用品売り場「めいキッズ☆ランド」で使える買い物券(1,000円分)付き。参加人数は1日最大140人まで。予約優先制。電話(TEL 052-585-2414)で受け付ける。

 新型コロナウイルス感染対策のため全ての参加者はマスク着用の必要がある。当日会場では、新発売の「プリンセスマスク」も販売する予定。

 開催時間は10時~15時。

名駅経済新聞VOTE

4月25日は名古屋市長選挙の投票日です。期日前投票などを含め、投票に行きますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース