マリオットアソシアホテルで「ハロウィンフェア」―かぼちゃのカクテルも

「ハロウィンフェア」のオリジナルカクテル。「ジャック・オ・ランタン」(左)、「ソルシエール」(奥)、「キャンディー リップス」(右)の3種類

「ハロウィンフェア」のオリジナルカクテル。「ジャック・オ・ランタン」(左)、「ソルシエール」(奥)、「キャンディー リップス」(右)の3種類

  •  

 名古屋マリオットアソシアホテル(名古屋市中村区名駅1)52階のスカイラウンジ「ジーニス」(TEL 052-584-1140)で10月1日より、「ハロウィンフェア」が開催されている。

 同企画では、10月30日の「ハロウィーン」にちなみ、かぼちゃを使用したデザートや、オリジナルカクテルを提供。同店入り口には、洋菓子の世界大会「クープ・デュ・モンド」で1位を受賞した松島製菓料理長による「ハロウィーンのオブジェ」を飾り、店内全体でハロウィーンの雰囲気を盛り上げているという。

[広告]

ティータイムに提供しているのは、「ブラウニーとパンプキンジェラートのパフェ」、「カボチャのモンブラン ジーニススタイル」、「パンプキンプリンとバニラアイスのアンサンブル」のデザート3種類。カクテルタイムには、レモンやチェリーのリキュールを使用して「甘酸っぱいキャンデー」をイメージしたカクテル「キャンディーリップス」や、ウオツカやダークラムにパンプキンアイスを加え、ハロウィーンの代表的なキャラクター「ジャック・オ・ランタン」を飾った「ジャック・オ・ランタン」、マンゴーとシャンパンを使用した「ソルシエール」のオリジナルカクテル3種類を提供している。

 同企画を担当した邉田シェフは「カクテルに遊び心を取り入れ、使用するシャンパンも、ハロウィーンのカラーに合わせラベルがオレンジ色の『ヴーヴ・クリコ』を使用している」と話しており、特に、客の目の前でシャンパンを注いで仕上げる「ソルシエール」や、パンプキンアイスを使用した「ジャック・オ・ランタン」などが好評だという。

 営業時間は、ティータイム=14時30分~17時、カクテルタイム=17時~24時。同企画は、10月30日まで。

名古屋マリオットアソシアホテル

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?