創業30年の串やき店「串たつ」、名古屋駅西口に新店オープン

創業30年「串たつ」名駅西口店の店内。奥には、掘りごたつ席も。

創業30年「串たつ」名駅西口店の店内。奥には、掘りごたつ席も。

  •  

 1977(昭和52)年創業の串やき店「串たつ」(名古屋市中村区則武1、TEL 052-454-0072)が1月13日、名古屋駅西口にオープンした。席数は、カウンター=20席、掘りごたつ=54席(内個室=20席)。

 同店の串焼きは、すべて備長炭でじっくり焼かれ、新鮮な朝引き鶏肉を使用しているのが特徴。創業以来の「定番メニュー」は、秘伝のみそだれに漬けこんだ「みそ串かつ」(1本100円)と柔らかく煮込んだホルモンをみそベースでやや甘めに味付けした「どて煮」(400円)。特に「シャキシャキのネキがたっぷりのったみそ串かつは、さっぱりしていて何本でも食べられる。創業以来、人気の高いメニュー」(同店)という。また、焼き鳥に使用するたれは、30年間使い続けている。

[広告]

 同店「おすすめメニュー」は、香ばしく焼きあげた自家製「月見つくね」(1本150円)、特製たれにつけ揚げた手羽先唐揚(1本150円)、炭火やきとり・もも(1本100円)など。串は60種類以上を用意し、一皿3本から注文できる。

 ドリンクメニューは、生ビール(450円)、地酒(600円~)、生搾り酎ハイ(480円)、梅酒(420円~)など50種類以上。ワイン、カクテル、焼酎、中国酒も提供する。「酎ハイは、生搾りキウイ酎ハイがおすすめ。梅酒は、7種類あるが八海山の原酒で仕込んだ梅酒が評判」(同店)とも。

 ターゲットは仕事帰りのビジネスマン。「値段が安く種類も豊富なので、毎日でも気軽に来ていただけるのでは」(同)。

 営業時間は17時~翌1時。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?