オマールエビのラーメン-名駅南の創作料理店がランチ限定で提供

堀川を見渡せる「隠れ家Dining 堀川小町」店内の様子

堀川を見渡せる「隠れ家Dining 堀川小町」店内の様子

  • 0

  •  

 「いちごチーズ鍋」で話題を集める堀川沿いの創作料理店「隠れ家Dining 堀川小町」(名古屋市中村区名駅南2、TEL 052-571-4141)は4月21日から、ランチメニューとしてオマールエビを使ったオリジナルラーメンの提供を開始した。

 同店は2007年4月にオープンし、今年で2周年を迎える。もともと洋食のシェフをしていたというオーナーシェフの佐藤さんは「前からラーメンに興味があった」といい、「オマールエビを使ってラーメンが作れたらおいしいだろうなと、洋食時代から思っていた」と約10年間開発・構想し続けてきた。「10年間の思いを超え、納得のいくラーメンが完成した」と今回、ランチメニューとしての提供を決めた。ランチタイムには「ラーメン佐藤」としてラーメンメニューのみで営業する。

[広告]

 スープは、オマールエビをふんだんに使ったエビの風味が効いたベースと、「後からくる」辛味が特徴。麺は細めの玉子ちぢれ麺を使用。「辛さの中に、みそのコク、少し酸味を感じる仕上がりになっている」と佐藤さん。

 メニューは、スタンダードな「海老ラーメン 赤」(750円)、生クリームを使用し、まろやかにした「海老ラーメン 白」(800円)、同じスープを使用した「カレーラーメン」(850円)。1日40食弱のみを提供。夏からは期間限定で「冷やしつけ麺」(850円)も予定している。

 ランチタイムの営業時間は11時30分~15時。月曜定休。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?