プレスリリース

事業会社 × スタートアップマッチング・事業創出プログラム「NAGOYA MOVEMENT」事業会社との共創を目指すスタートアップ企業募集(令和3年1月15日〆切)

リリース発行企業:名古屋市

情報提供:

 名古屋市では、スタートアップ企業の成長を促すため、事業会社との共創を促進するプログラム 「NAGOYA Movement」を本年9月から実施しています。「NAGOYA Movement」とは、スタートアップ企業と事業会社とのマッチング、その後の事業開発をサポートするプログラムです。   この「NAGOYA Movement」は、3つのSTEPがあります。STEP1は、スタートアップとの共創を希望する事業会社が、スタートアップとのマッチング確度を上げるための準備をするもので、今回5社ご参加いただきました。STEP2は、STEP1に参加した事業会社5社とスタートアップが、互いに目線を合わせてマッチングを行います。STEP3は、マッチングが成立したプロジェクトについて、継続して事業開発支援を行います。  この度、約2か月に渡る「NAGOYA Movement」STEP1に参加した事業会社との、マッチングプログラムに参加するスタートアップ企業の募集を開始いたしますので、ぜひご応募ください。




スタートアップ企業枠募集内容
▼募集期間
令和2年11月24日(火)~令和3年1月15日(金)
▼対象者
名古屋地域の事業会社との共創を目指すスタートアップ企業
※地域は問いません。選考あり。
▼参加事業会社5社(五十音順) ※各社の募集テーマは以下参照。
・イビデン株式会社
・新日本法規出版株式会社
・東邦ガス株式会社
・東朋テクノロジー株式会社
・株式会社日本高熱工業社
▼参加費用
無料
▼ 応募方法
HPからお申込みを受け付けます。
https://nagoyamovement.jp/application.html
▼選考方法 
1.書類審査
2.相互プレゼンテーション及び面談
 日程:令和2年12月17日(木)(12月16日までに審査が終了した企業)
    令和3年1月19日(火) ※書類審査を通過した企業に限ります。



▼募集テーマ(五十音順)
イビデン株式会社
・工業炉からの未利用廃熱エネルギーを回収し、エネルギーの必要シーンで利用するためのソリューション
・製造工程で排出される廃プラをエネルギー資源化することでカーボンニュートラルを実現するテクノロジー
・その他、エネルギー地産地消エコシステムを実現するソリューション
新日本法規出版 株式会社
・士業の業務の最適化と効率化
 ~弁護士をはじめとした士業の業務課題をテクノロジーで解決する~
・法務業務・法的確認業務の最適化と効率化
 ~企業や職場が抱える業務課題をテクノロジーで解決する~
東邦ガス株式会社
暮らしまわりのサービスを提供するウェブサイト「ASMITAS※」をお客さまとの共創型プラットフォームとするための以下のサービス開発/機能拡張
・地元の産業/商業のお客さまと、個人の方々を結び付けた地域貢献に資するサービス
・個人のお客さま同士のコアなモノ・コトをシェアできる機能
・個人のお客さまから夢や悩みを収集、分析し、新たなサービスを共創する機能/サービス 
 ※https://asmitas.tohogas.co.jp/
東朋テクノロジー 株式会社
・工場内無線
 ローカル5G,WiFi6,ZETAなど工場内の制御・監視に使用できる無線
・ロボットの予兆診断
 多軸の精密減速機を解析できるセンサーもしくはアルゴリズム
・AGV(無人搬送車)の自律走行
 目印/軌道なしに固有の目的地までAGVを走行できるセンサーもしくはアルゴリズム
株式会社 日本高熱工業社
・DX 技術を利用した工業炉の見える化サービス
・鋳造外観検査の自動化

NAGOYA Movementとは
「NAGOYA Movement」は、スタートアップ企業と事業会社とのマッチングと、その後の事業創出をサポートするプログラムです。この取組みでは、スタートアップ企業のさらなる成長を促すため、マッチン グ後の共創の精度をより高めるための以下のプログラムを実施します。 これらのプログラムを実施することで、スタートアップ企業と事業会社との共創のモデルケースを作り、スタートアップ企業の集積と創出に繋がる、共創における新たな「Movement」を生み出していきます。



《プログラムについて》
1.事業会社向けスタートアップ共創ノウハウ習得プログラム(5社)

・事業会社の資源や課題領域を明確にするとともに、スタートアップ企業の文化等を学 びます。
2.事業会社とスタートアップ企業とのマッチングプログラム(今回募集枠)

・事業会社とスタートアップ企業が面談やプレゼンテーションを行い、相互評価によるセレクション を行います。
3.伴走型支援プログラム
・共創実績のある専門家の助言を受けながら事業創出を進めます。


▼NAGOYA Movementホームページ
https://nagoyamovement.jp/index.html
▼名古屋スタートアップ推進ポータルサイト
 https://nagoya-innovation.jp/
▼JellyWareホームページ
 https://jellyware.jp/
▼本リリースに関する問い合わせ先
 NAGOYA Movement運営事務局:JellyWare株式会社
 info@jellyware.jp
 03-6273-0758

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?