食べる

名駅西に名古屋めし新店-洋食アレンジ、「八丁味噌ヒージョ」など

65席のテーブル席を設けた店内の様子

65席のテーブル席を設けた店内の様子

  • 0

  •  

 名古屋駅西に「ナゴヤめしと樽生ワインの店 TEBA(テバ)」(名古屋市中村区椿町14、TEL 052-452-2666)がオープンして1カ月が過ぎた。オープン日は1月8日。

ロールケーキタワー

 名古屋めしに洋食のテイストを加えたメニューをメーンに提供する同店。メーンターゲットは20~30代。「最近のバルブームに加え、若い世代のお客さまに来てほしかったので、洋食を提供する店にした。出張や旅行で名古屋に来るお客さまにも楽しんでほしい」と店主の寺尾さん。

[広告]

 店舗面積は約26坪。窓際のL字型のソファ席をはじめ、テーブル席(65席)、カウンター席(8席)を設ける。名古屋コーチンや奥三河地鶏、三河湾の魚介など近郊の食材を中心に使う。

 名古屋めしの代表格、手羽先の空揚げは、トマトとガーリックの「スペイン風 手羽先」と、バジルとチーズの「イタリア風」にアレンジしたもののほか、甘辛しょうゆと黒コショウ「名古屋風」も用意。そのほか、「洋風ソルト」のハーブソルト、カレーソルト、「和風ソルト」のユズソルト、梅ソルトなどの手羽先メニューも。価格は3本=524円、3種盛り合わせ(各2本)=944円。

 八丁みそで仕立てたアヒージョ「ナゴヤ八丁味噌ヒージョ」は、エビ、タコ、カシワ(以上734円)などで、通常のアヒージョにもできる。そのほか、「トリッパ」を名古屋風にアレンジした「八丁味噌のトリッパ」(629円)、パスタの代わりにきしめんを使った「コーチン玉子のきしめんカルボナーラ」(944円)、「名古屋のB級グルメ」のたませんを使いピザに見立てた「たません トマト&バジル」(524円)など。デザートは「コーチン玉子のカスタードプリン」「小倉入りカルツォーネ」(419円)など。

 ドリンクはイタリア直送の「樽生ドラフトワイン」(赤・白、グラス504円)、ビール(グラス399円)、「自家製サングリア」(同609円)など。

 「女子会コースにも力を入れている」(寺尾さん)といい、9品・飲み放題付き=2,980円で提供(月曜~木曜)。フード・スイーツはタパス3種盛り合わせ、バーニャカウダ、名古屋コーチンささみのカルパッチョ、スペイン風手羽先、ロールケーキタワーなど。

 営業時間は17時~24時。日曜定休(予約は受け付ける)。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?