見る・遊ぶ

名鉄百貨店で「チームラボアイランド」 デジタル技術使った体験型アートが人気に

塗り絵した魚やウミガメなどが自由に泳ぐ「お絵かき水族館」

塗り絵した魚やウミガメなどが自由に泳ぐ「お絵かき水族館」

  • 0

  •  

 名鉄百貨店本店(名古屋市中村区名駅1)本館7階催場で現在、「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」が開催されている。

触れると「梨汁」が吹き出す「お絵かきふなっしー」

[広告]

 プログラマー、エンジニア、数学者、CGアニメーター、デザイナーなどで構成される団体「チームラボ」が企画制作する最新のデジタルテクノロジーを使った体験型のアート作品展。同団体の企画は国内外で展開され、名駅地区では初めて。主催は中京テレビ。

 会場内には10個のアトラクションを設置し、うち1カ所は18時を境にアート作品に入れ替わる。来場者数は1日に2000人前後で、連日多くの親子連れでにぎわっている。

 「お絵かき水族館」は、来場者が自由に色づけした魚やウミガメ、クラゲなどの塗り絵が、壁面に投影された大きな水槽で泳ぎ出すもの。スタッフがスキャンした画像が画面に反映される仕組みで、設置されたセンサーが画面の前の人の動きに反応し、魚が逃げるようなアクションも起こるほか、定期的に登場する餌袋をタッチすると餌がまかれ魚が寄ってくる動作も楽しめる。「知育をテーマにしている。たくさんいる魚の中でどうすれば目立つか考えて色づけすることを楽しみながら考えてほしい」と中京テレビの河原さん。「大人になって社会に出ると周りとの関係性も必要になる。1対1で遊ぶゲームなどでは感じられない、周りを考え感じる体験をしてもらえたら」とも。

 「お絵かきタウン」は、塗り絵した消防車やクレーン車などの乗り物や家が3Dになって画面に反映され、一つの街として表現されている。ストーリーがある作りが特徴で、火を吹く怪獣が街に現れ街を壊してしまったところに、消防車が放水、クレーン車が建物を復元、UFOが怪獣を攻撃するなどアクションを楽しめる。塗り絵を専用のプリンターで展開図に出力したペーパークラフトを進呈するコーナーも設置し、人気を集めている。

 ふなっしーとコラボした「お絵かきふなっしー」は、昨年末にお台場で初めて披露された作品。塗り絵したふなっしーが草原を表現した画面で動き出し、決められた時間になると画面に映っている全員がそろってダンスを踊る時間もある。ふなっしーに触れると「梨汁」が吹き出す動作も。

 開催時間は10時~20時(入場は19時30分まで)。入場料は、大人1,200円(中学生以上)、子ども800円(3歳~小学生以下)、2歳以下は無料。8月24日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース