食べる

名古屋・円頓寺の「西アサヒ」が「Wタマゴサンド」 卵の量もダブルに

卵約6個を使っている新メニュー「Wタマゴサンド」

卵約6個を使っている新メニュー「Wタマゴサンド」

  •  
  •  

 円頓寺商店街にある「喫茶、食堂、民宿 西アサヒ」(名古屋市西区那古野1、TEL 052-551-6800)が8月中旬から、「W(ダブル)タマゴサンド」の販売を始めた。

「Wタマゴサンド」を手にシェフの村山さんとおかみの伊熊さん

 同店の人気メニュー「タマゴサンド」は、だし巻き卵を作る要領でスマキを使い丁寧に作った卵焼きに、味付けしたキュウリをパンで挟んだシンプルなメニュー。同店の前身だった店の閉店と共にいったん消失したメニューだったが、今年4月に運営者を変えリニューアルした際に、当時の味を知る地域の人々の声により復活した。

[広告]

 「タマゴサンド」は通常、卵約3個を使うが、「Wタマゴサンド」は約6個を使い卵焼きの量が倍になっている。シェフの村山さんは「定番のタマゴサンドに遊び心を加えた。『わー!』と喜ぶお客さまの顔見たさに作った」と話す。「当初は、通常3回巻いて作る卵焼きを5回巻くことで『スーパータマゴサンド』を作ろうとしたが、それほどインパクトがなかった(笑)」と裏話も明かす。

 「Wタマゴサンド」発売後、常連客のSNSで紹介されると、ほかの利用客へも話題が飛び火し徐々に知名度を上げていった。「オーダーが入り客席に運ばれるWたまごサンドを初めて見るお客さまからは、驚きと笑い声が起こる」とおかみの伊熊さん。

 価格は、ランチタイム(11時30分~14時)=1,250円(ドリンク付)、ランチタイム以外=1,188円(単品)。

 営業は11時30分~23時。月曜・第3日曜定休。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?