食べる

名駅に手づかみで食べるシーフード料理店 カニ料理「甲羅本店」が新業態

タラバガニやズワイガニ、エビ、魚介など400グラムのシーフードが入っている「本日のカニコンボ」

タラバガニやズワイガニ、エビ、魚介など400グラムのシーフードが入っている「本日のカニコンボ」

  •  
  •  

 名駅に4月1日、シーフード料理を「豪快に」手づかみで食べる「The CRUSTY CRAB(ザ クラスティ クラブ)」(名古屋市中村区名駅3、TEL 052-571-7880)がオープンした。

ハンマーを使いクラッシュして食べることが特徴の一つ

 経営はカニ料理店「甲羅本店」などをメインに展開する「甲羅」(本社=豊橋市)。同社の新業態として開いた同店。店舗面積は39坪で、49席を設ける。

[広告]

 タラバガニやズワイガニ、エビ、魚介など400グラムのシーフードが入っている「本日のカニコンボ」(4,860円)は、トマトスパイスオリジナルソース(3段階の辛さを用意)、ケイジャンソース、レモンガーリックソースの3種類から好みを選べる。

 そのほか、スキャンピ、オーストタイガー、ブラックタイガー、オマールエビのテールなどエビがメインの「シュリンプコンボ」(4,860円)、ハマグリ、ホタテ、ムール貝、イイダコ、イカリング、ブラックタイガー、野菜3種が入る「シーフードコンボ」、冷製の盛り合わせ「クラブプラッター」(以上3,780円)も用意。専用のシートに包まれた状態で提供し、カニの殻など固いものは広げた紙の上でハンマーを使ってたたき割り、手づかみで食べるスタイル。

 デザートの「クラッシュドルチェ」(853円)は、専用のシートに包まれたクッキーやブラウニーなどを客自身が好みの大きさにクラッシュするもの。クラッシュした後、ベリーソース、練乳を使った和風ソース、パッションソースの3種類から選べるソースを掛けて食べる。

 ホテルの1階という立地で朝食営業も行い、選べるデリに加えパンやデザートなどのビュッフェが付くメニューを提供。価格は1,296円。ランチは、クラブロール(1,280円)、シュリンプロール(880円)、クラブバーガー、クラブバインミー(以上780円)、チョップドサラダ(300円)、デリとチョップドサラダのセット(600円~)など。

 営業時間は、朝食タイム=7時~10時、ランチタイム=11時30分~14時、ディナータイム=17時~23時。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?