買う

名古屋駅前にリユースデパート「コメ兵」 ビンテージ家具・食器、植栽の販売も

「KOMEHYO名駅店」店舗外観

「KOMEHYO名駅店」店舗外観

  •  
  •  

 リユースデパートを展開するコメ兵(名古屋市中区)は5月27日、名古屋駅東側に「KOMEHYO名駅店」(名古屋市中村区名駅4)をオープンする。

「KOMEHYO名駅店」店内イメージ

 1階=販売フロア、2階=販売、買い取りフロアで成る同店の店舗面積は397坪。宝石、時計、バッグ、衣料品の販売・買い取りほか、同店では新たにビンテージ家具・食器や自動車、植栽の販売(買い取りはなし)を始める。商品数は約1万点。ビンテージ家具・食器は、東京・長野・デンマークに拠点を持つ「haluta(ハルタ)」の商品を、植栽は大須のフラワーショップ「tooka(ト―カ)」の観葉植物やフラワーベースを扱う。

[広告]

 同店担当者は「名駅地区は再開発が進み、より成長していくエリアで同社も長らく出店したい思いがあった」と話す。「名古屋というエリアでリユースに触れたことがない方との接点を積極的に創出していき、新規のお客さまを獲得していきたい。名駅エリアで買い物をする際の選択肢になりたい」と期待を寄せる。「『買い物』という軸で、弊社の本拠地である名古屋の活性化につなげたい」とも。

 27日~29日はオープンを記念した企画を開催。20個のうち1つの割合でダイヤモンドが入った「マカロンボックス」を配布(先着順で各日100セット限定)するほか、5,000円以上の購入者または買い取り成立者を対象にルイ・ヴィトンやプラダの商品や、ジュエリーなどの景品を用意する「総額100万円!巨大ブランドガチャガチャ」を実施(先着順で各日100人、1人につき1回)。

 1階の一角には名古屋で展開するカフェ「THE CUPS」が出店。コーヒーやジェラートを販売する。

 営業時間は11時~20時。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?