食べる 見る・遊ぶ 学ぶ・知る

ホテルナゴヤキャッスルで名古屋城歴史講座 「なごやめしランチ」も

名古屋城とホテルナゴヤキャッスル

名古屋城とホテルナゴヤキャッスル

  •  

 名古屋城近くにある「ホテルナゴヤキャッスル」(名古屋市西区樋の口町3、TEL 052-521-2121)が7月21日、名古屋城の歴史や見どころを学べるイベント「ブラキャッスル ~名古屋城の歴史を探る~」を開催する。

 会場は同ホテル内の宴会場「金の間」。同イベント担当者は「名古屋城天守閣の閉館、本丸御殿や金シャチ横丁のオープンなど、名古屋城に注目が集まっている今、名古屋城周辺のエリア一帯で盛り上げていきたいという思いから企画した」と話す。

[広告]

 講師には名古屋城に詳しいオーストラリア出身・名古屋在住のラジオDJ・タレントのクリス・グレンさんを招く。「歴史といっても堅苦しくならないようにしたかったため、クリスさんに依頼した」とも。

 当日はクリスさんによる名古屋城歴史講座(2時間)と同イベントのために開発した「なごやめしランチ」を提供する。参加料金には名古屋城入場券が含まれている(ガイド無し)。講座内容は名古屋城内のことにとどまらず、ホテルから名古屋城までの道中や周辺で見られる名古屋城ゆかりの話にもおよぶ。「イベント後に講座で知り得た知識を、実際に目で確かめて、各自自由に散策を楽しんでもらえれば」と担当者。

 「なごやめしランチ」は和食をベースに、メニューは名古屋、名古屋城、金のシャチホコなどをモチーフにした。名古屋城築城を命じた徳川家康にちなみ、当時では長寿だった家康が好んで食べたといわれる麦飯やみそを使った料理もあるという。

 担当者は「ほかのイベントに比べると一人での参加も目立ち、『勉強のために』などの理由で本気度合いがうかがえる」と話す。

 開催時間は10時30分~13時30分。料金は5,500円(講座、ランチ、名古屋城入場券、税・サービス料含む)。申込期限は7月18日。ホームページと電話で受け付ける。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?