食べる

ノリタケの森で紅茶イベント 10種類のスリランカ・セイロンティーを飲み比べ

紅葉した「ノリタケの森」で開かれた昨年の「The Afternoon Tea Land」の様子(画像提供=The Afternoon Tea Land)

紅葉した「ノリタケの森」で開かれた昨年の「The Afternoon Tea Land」の様子(画像提供=The Afternoon Tea Land)

  •  
  •  

 紅茶の飲み比べなどが楽しめる「The Afternoon Tea Land」が11月2日・3日、「ノリタケの森」(名古屋市西区則武新町3)で開催される。

ピクニックシートを広げ思い思いに楽しむ様子

 1997(平成9)年に営業を開始した名古屋の紅茶専門店「ラティス」(天白区)が主催する、「作り手たちが誇りを持って作った紅茶に出合う」ガーデンティーパーティー・イベントは今年で5回目。日本ではなかなか飲めない「極上の」紅茶を仕入れるという同店。「もっと多くの人に紅茶の奥深さと味わいを体験してほしい」と同イベント担当者。

[広告]

 昨年は、応募総数8000人の中から抽選で選ばれた4000人が参加した。家族連れ、女性グループなど若い人を中心に、幅広い年齢層が来場し、場内の芝生の上にピクニックシートを広げ、その時間を楽しむアイテムを持参し、思い思いにアフタヌーンティーを楽しむ姿が見られた。

 今年は「ミニスリランカフェスティバル」と称し、10種類のスリランカのセイロンティーを用意し、飲み放題(種類はなくなり次第終了)で提供。参加者には飲み放題専用として用意するノリタケ製ティーカップ&ソーサー(4種類の中から1種類を選べる、種類はなくなり次第終了)が配布される。

 参加チケットは、前売り(ウェブ販売、22日23時まで)=5,000円、当日=5,500円で、対象セクションの紅茶の飲み放題、ノリタケ製ティーカップ&ソーサー(持ち帰り可)、スコーンなど軽食、紅茶セミナーの聴講、無料ティーサーブ(当日不定期に行う)が含まれる。参加チケット1枚につき、2日か3日、いずれかの午前の部(10時30分~13時)または午後の部(13時30分~16時)に参加できる。受付は各回30分前から開始。チケット購入時に参加回は選べる。

 会場には、フランス伝統焼菓子、クッキー、カップケーキ、パン、ハチミツ、ジャム、イタリア料理、ベトナム料理、ハンバーガーなどのフード、クラフトビール、フルーツジュースなどのドリンク、雑貨、アクセサリー、子供服などを販売するブースが並ぶ。

 同イベント担当者は「普段は、あまり紅茶に注目して味わう事が少ない方でも、この日は存分にさまざまな種類の紅茶を味わっていただき、新たな発見をしていただきたい」と参加を呼び掛ける。

 保健所の指導により会場内への持参の飲食物持ち込みは不可(アレルギーや乳幼児用の飲食物の持ち込みは自己責任で可)。ピクニックシートの持参を推奨する。テーブルや椅子など脚のある家具等も持ち込みは禁止(手荷物の範囲やピクニックシート上で使用する限りなど例外あり)。テントの持ち込み・使用不可。

  • はてなブックマークに追加

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?