見る・遊ぶ 学ぶ・知る

名古屋のシンボル「ナナちゃん」「ミナちゃん」姉妹がコロナ注意喚起と県観光PR

愛知県観光PRの衣装に着替えた「ナナちゃん」

愛知県観光PRの衣装に着替えた「ナナちゃん」

  • 26

  •  

 愛知県観光協会は10月27日、名鉄百貨店本店(名古屋市中村区名駅1)の前の「ナナちゃん」と妹「ミナちゃん」、「手洗い犬ゴッシー」を起用し、新型コロナウイルス感染症の注意喚起を含めた愛知県の観光PRを発表した。

ナナちゃんの代わりに県内各地を訪れる「ミナちゃん」

 「手洗い犬ゴッシー」は、県が手洗い啓発を目的に作ったせっけんのような形をした犬のキャラクターで、2009(平成21)年2月には手洗い歌「あわあわゴッシーのうた」もできた。

[広告]

 今月28日から、名古屋のシンボルの一つ「ナナちゃん」がマスクと県内の観光スポットをモチーフにデザインされた衣装に着替えた。壁面には「ナナちゃんとゴッシーからのお願い」と題し、手洗い・うがい、マスク着用、車内での会話を控えめになど「コロナ対策5箇条」を記した旅行者へのメッセージ、県内観光地の紹介、観光施設で守ってほしいことなどを案内。旅のエチケットを呼び掛ける。県観光PR仕様のナナちゃんの展示は11月3日17時ごろまで。

 11月4日からはナナちゃんの妹で身長1メートルの「ミナちゃん」がナナちゃんと同じデザインの衣装を身に着け、「ミナちゃんとゴッシーからのお願い」と題したプラカードを持ち、県内各地へ観光PRに「出掛ける」。観光PRの実施場所は中部国際空港アクセスプラザ(常滑市、4日~5日)、博物館明治村「高田小熊写真館」(犬山市、6日~8日)、とよはし情報プラザ(豊橋市、9日~10日)。

 これまで名鉄百貨店の広報部員として店内のみで活動してきた「ミナちゃん」の初の店外活動になる。

 愛知県観光協会の担当者は「県内観光施設のコロナに対する取り組みと旅行者の方にお願いしたいコロナ対策を、より多くの方たちに知ってもらうために名駅のシンボル的存在のナナちゃんにPRをお願いした。遠出できないナナちゃんの代役として、ミナちゃんには県内3カ所で活動してもらう。旅のエチケットを守って楽しく旅行していただければと願う」と話す。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?