見る・遊ぶ 学ぶ・知る

名古屋駅前に「フローラルナナちゃん」 ロスフラワー使ったドレスに

「ロスフラワー」を使ったドレスに身を包んだ「X’mas フローラルナナちゃん」

「ロスフラワー」を使ったドレスに身を包んだ「X’mas フローラルナナちゃん」

  • 86

  •  

 名鉄百貨店本店(名古屋市中村区名駅1)前の「ナナちゃん人形」が現在、「ロスフラワー」を使ったドレスに身を包んだ「X’mas フローラルナナちゃん」に変身している。

さまざまな種類の「ロスフラワー」をドライフラワーにした「X’mas フローラルナナちゃん」のドレス

 ロスフラワーとは、店頭で販売する規格を満たしていない花や、生花店や結婚式場などで役目を終え廃棄予定の花のこと。生花店で店頭販売されている花のうち、30~40%が廃棄されていると言われている。

[広告]

 「フローラルナナちゃん」企画を行う名古屋鉄道(名駅1)の担当者は「もともとロスフラワーの問題は今までにもあったが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で結婚式や歓送迎会が中止、または延期になることが多く、美しいままの多くの花を捨てなければならない。日本中でロスフラワーを活用した取り組みが広がっており、我々でも活用できないかと考えたのがきっかけ」と振り返る。

 ロスフラワーをドライフラワーにして「フローラルナナちゃん」のドレスと髪飾りを作った。カラーリングはクリスマスを意識して赤や緑を使ったという。

 通り掛かる人が「フローラルナナちゃん」を写真に収める姿も見られた。

 「フローラルナナちゃん」は今月25日まで。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?