見る・遊ぶ

愛知、岐阜で撮影の映画「僕と彼女とラリーと」 主演の森崎ウィンさんが来名

愛知、岐阜で撮影の映画「僕と彼女とラリーと」が9月24日、ミッドランドスクエアシネマほかで全国に先駆け先行公開。主演の森崎ウィンさんが来名して会見

愛知、岐阜で撮影の映画「僕と彼女とラリーと」が9月24日、ミッドランドスクエアシネマほかで全国に先駆け先行公開。主演の森崎ウィンさんが来名して会見

  • 80

  •  

 映画「僕と彼女とラリーと」が9月24日、ミッドランドスクエアシネマ(名古屋市中村区名駅4)ほかで全国に先駆け先行公開される。公開に先立ち、主演の森崎ウィンさんが来名して会見を開いた。

[広告]

 豊田市、恵那市を主なロケ地に撮影された同作。ラリーを通して過去の父との確執と向き合い、乗り越えようとする若者の新たなチャレンジと、故郷の人々とのつながりを、自然豊かな風景の中で描く。

 森崎さんは父の死で故郷を訪れた青年・大河を演じる。主人公の幼なじみで彼を支えるヒロイン美帆役を深川麻衣さん。出演は他に西村まさ彦さん、竹内力さん、佐藤隆太さんら。監督・脚本は「着信アリ2」「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の塚本連平さん。

 役作りに関して森崎さんは「決まったやり方はなく、役が違えば演じる人生も変わるので、毎回ゼロからスタートするイメージ。一つだけ大切にしているのは、役になるのではなく、寄り添っていく、一緒に生きていくという感覚」と話す。

 同作ではラリーに挑戦する主人公を演じた森崎さん。「僕も車は好きで、運転もする。主人公・大河はラリーを詳しく知っている設定ではなかったので、自分が最初にラリーカーに合った時の気持ちを大事に、その感覚を思い出しながら撮影に臨んだ。役者を目指しているなど、自分とリンクしやすいところも多かった。脚本に書いていない大河のバックボーンなどを考えて、その中に自然と僕の過去を忍ばせたりしながら、人生を作っていった」と振り返る。

 故郷と人の絆を描いた同作。森崎さんは「映画を撮っていて、純粋に帰りたいなと思った。ミャンマーは自分が育った場所で、そこからここまできた。帰る場所があって、帰った時には忘れていた自分を思い出せる」と話す。

 共演した俳優陣については「深川さんは同い年なこともあって、ぎこちない壁はなかった。真面目でひたむきな人で、こっちも頑張ろうという気持ちになれる。作品を通して会話することが2人の役に生きた」と絶賛。「竹内さんは個性の塊。エネルギッシュで、見えない所でも周りを引っ張り、現場を盛り上げてくれた。西村さんは、本番前にさりげなく投げかけてくれる言葉、ヒントがスッと入ってくる。さすがの一言」とも。

 コロナ対策をしながらのロケは苦労も多かったと振り返る森崎さん。「撮影現場にケータリングも出せないロケだった。そんな中で協力してくれた地元の方々のマスク越しの笑顔や、遠くから手を振って応援してくれたことが、印象に残っている。撮影を快く受け入れてくれたことが本当にありがたかった。人と人とのつながりは、他で代替えできない温かいものだと感じた」と話す。

 森崎さんはラリーの魅力について「この映画を見たら、実際のラリーも見たくなるはず。人と人がつながっていく素晴らしさが改めて認識できる作品になったのは、ラリーという題材だったからだと思う。純粋に車が好き、ラリーが好きという人も、楽しめるので見に来ていただけたら」と話し、映画館への来場を呼び掛けた。

 全国公開は10月1日から。

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース