買う 暮らす・働く

桜咲く未来を願って 近鉄と名鉄、共同で記念入場券と受験生応援グッズ販売

組み立てると升の形になる「サクラサク入場券」

組み立てると升の形になる「サクラサク入場券」

  • 4

  •  

 近畿日本鉄道(大阪府大阪市)と名古屋鉄道(名古屋市中村区名駅1)が共同で企画した記念入場券「サクラサク入場券」が2021年12月16日から販売されている。

サクラ材でできた「5か9(合格)あるのみ定規」。目盛の「9」と「5900」のフォントは名鉄車両で使用するものと同一

[広告]

 2社の共同企画は2019年から始まった。近畿日本鉄道広報部の中湖達也さんは「『桜駅』は全国に2駅のみ。定期的に設けている2社間の情報交換の場で、両社が保有する『桜駅』にちなんだ企画ができないだろうかという意見が挙がったのをきっかけに、受験生を応援する共同企画が実現した」と話す。3回目となる今回は合格を知らせる「サクラサク」に掛けた「サクラサク入場券」を企画。駅名に「さくら」「さく」の音が入る近鉄「桜駅」「大和朝倉駅」、名鉄「桜駅」「朝倉駅」の入場券が印字されており、組み立てると「合格し『ます』」に掛けて升の形になる。

 1セット660円(大人用のみ)で、販売数は近鉄・名鉄で合わせて5500セット。販売は2022年3月31日まで(各社なくなり次第販売終了)。販売場所は各社ホームページで確認できる。

 今回はオリジナルの受験生応援グッズも開発。「『合格』にちなんだ、数字を使った言葉遊びから生まれた」(中湖さん)という「5か9(合格)あるのみ定規」は、五角形の枠に5を書く(合格)ことで完成する。デザインには近鉄「しまかぜ50000系」や名鉄「5900系」など、5と9にちなんだ車両を採用した。価格は590円。販売数は近鉄・名鉄で合わせて2000個(各社なくなり次第販売終了)。

 「反応灯標識クリアファイル」は、踏切に支障がないことを伝える「反応灯」と、線路の終端に設置される「車止標」をデザインしたもので、「列車が支障なく踏切を通過し、終着点までたどり着けるように、受験生が志望校という最終目標まで安全に到達できるようにとの願いを込めた」と中湖さん。反応灯は両社で仕様や呼称が異なり、デザインに際し両社の反応灯の写真を採用した。「受験生はもちろん鉄道愛好家にも興味を持ってもらえたら」と笑顔を見せる。価格は500円。販売数は近鉄・名鉄で合わせて2000枚(各社なくなり次第販売終了)。

 「5か9(合格)あるのみ定規」「反応灯標識クリアファイル」は、近鉄名古屋駅、近鉄四日市駅、宇治山田駅、大阪難波駅、大阪上本町駅、大阪阿部野橋駅、京都駅、名鉄名古屋駅サービスセンター、知立駅、名鉄一宮駅で販売。近鉄百貨店オンラインショップでも購入できる。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

名駅経済新聞VOTE

名古屋城と言えば?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース